革新的か、伝統的か。レザーを編み込んだ「ベルルッティ」...

NEWSな服&小物

Vol.24 写真:安達紗希子(CROSSOVER) 文:今野 壘

革新的か、伝統的か。レザーを編み込んだ「ベルルッティ」の新作ニット

メゾンが誇るシューズの着色技法、パティーヌから着想を得て、新たな解釈で表現されたクリス・ヴァン・アッシュによるセカンドシーズン。ポップで上品な色彩は、ハイセンスそのもの。¥326,000(税抜)

木工を生業とする指物師だったイタリア人、アレッサンドロ・ベルルッティが旅の果てに辿り着いたパリで靴工房を開いたのが1895年のこと。実に124年もの歴史をもつ不動の名門ですが、そのプレタポルテはまだ丸8年と、意外にも浅め。にもかかわらず、メゾンの伝統を確かに感じさせる1着です。クリス・ヴァン・...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
革新的か、伝統的か。レザーを編み込んだ「ベルルッティ」...