ファレル・ウィリアムスと最高級コニャック「ルイ13世」がコラボ、100年後...

ファレル・ウィリアムスと最高級コニャック「ルイ13世」がコラボ、100年後まで封印される曲とは?

文:脇本暁子

ファレル・ウィリアムスと最高級コニャック「ルイ13世」がコラボ、100年後まで封印される曲とは?

グラミー賞11冠の世界的アーティスト、ファレル・ウィリアムスは世界の環境問題に向き合う情熱的な活動家としても知られます。

100年後の世界をあなたは想像したことがありますか? NASAの科学者は1992年以降、世界の海面水位が世界各地で平均8cmも上昇したと発表しました。一説には、地球温暖化で南極大陸の氷がすべて解けると海面は約60m上昇するとか。もし3m上昇すれば、ニューヨークや上海など世界中で多くの沿岸都市が水没し、居住不可能になるだろうという最悪のケースもささやかれています。

先日、フランスの最高級コニャックブランド「ルイ13世」は、世界的アーティストのアメリカ人歌手ファレル・ウィリアムスとコラボレーション。楽曲『100 Years: The Song We’ll Only Hear If We Care』を制作したことを発表しました。ただし、そのリリースはいまから100年後の2117年!

ファレルがつくった曲は、コニャック地方の石灰質の土を原料とする粘土で製作したレコードに録音され、2017年11月に上海で行われたシークレットイベントで一度限り披露された後、「ルイ13世」のセラー内の特別な金庫に100年間封印されます。もし地球温暖化で金庫が水没することになれば、粘土製のレコードは溶け、この曲は永遠に失われるという壮大なプロジェクトなのです。

 「ルイ13世」のグローバル・エグゼクティブ ディレクターであるルドヴィック・ドゥ・プレシは「このプロジェクトは『今日の私たちの行動が明日の世界をつくる』というエキサイティングでクリエイティブな挑戦です」と語ります。

「ルイ13世」は1874年に誕生以来、代々のセラーマスターが最大1200種のオー・ド・ヴィー(原酒)を巧みにブレンドさせ、完成までに100年の時を要します。常に一世紀先を見据えて、次世代へ受け継いできたメゾンなのです。

100年後に私たちの子孫がファレルの楽曲を聞けるのかどうかは、いま地球温暖化に関心をもってアクションを起こす、あなた次第なのかもしれません。

ファレル・ウィリアムスと最高級コニャック「ルイ13世」がコラボ、100年後まで封印される曲とは?

2017 年 11月13 日、上海にて行われたシークレットイベント。ファレル(右)が手に持っているのが粘土でできたレコード。

ファレル・ウィリアムスと最高級コニャック「ルイ13世」がコラボ、100年後まで封印される曲とは?

ファレルの『100 Years: The Song We’ll Only Hear If We Care』の一夜限りのパフォーマンスを終えたレコードは、100年間封印されました。

ファレル・ウィリアムスと最高級コニャック「ルイ13世」がコラボ、100年後...