愉しみは冬だけにあらず! 「ロッテアライリゾート」で満喫する、ラグジュ...
PROMOTION

愉しみは冬だけにあらず! 「ロッテアライリゾート」で満喫する、ラグジュアリーな夏のアミューズメント

写真:大河内 禎 文:渡辺芳浩

2017年12月16日にオープンした「ロッテアライリゾート」は、ヨーロッパの高級リゾートを思わせる滞在型のラグジュアリーホテル。都心から車で約2時間半、また注目の北陸新幹線なら上越妙高駅から送迎バスで30分というアクセスは魅力で、贅沢な時間をより身近にしてくれる立地でもあります。

いよいよ春から夏に向けたリゾートが本格的にスタートを迎えますが、ロッテアライリゾートには、さまざまな施設とアクティビティが用意されています。プール・フィットはウォータープールと歩行プールの2種類を楽しむことができ、隣にはフィットネスジムが併設され、たとえばカップルなら近くでプールとジムそれぞれの運動をすることが可能です。このほかに夏にはガーデンプールが楽しめる施設もあります。

屋外アクティビティは、全長約1,501m、高低差240mというジップツアーがありここでしか体験できないスリル。標高約950mから710m地点までを一気に降下、なんとそれが約3分間続きます。また、総面積33,000㎡、総エレメント数102、全8コースという日本最大規模のツリーアドベンチャーは圧巻。ロッテアライリゾート最大の特徴である広大な森林を存分に活用したアミューズメントで、木の上を渡り歩き自然を満喫する冒険です。屋内のプレイグラウンドは、人気のボルダリング、スクウェアトランポリン、ファンウォールを1フロアに集めた施設。75ルートのボルダリングは国内最大規模のホールド数を誇ります。ウォール自体がストーリー性を持つファンウォールは日本初上陸のデザインが登場。またプロジェクションマッピングとクライミングが融合したワンダーウォールもあり、次世代の体験をもたらしてくれます。

企業ミーティングなどの開催に適したビジネスルームやセミナールームも完備、最新の映像と音響システムを備えたファンクションルーム「はねうま」は、大毛無山も一望できる多機能空間です。

苗名滝、いもり池、関山神社など、名所旧跡などの観光地も近いロッテアライリゾート、遊びはもちろんビジネスでも長期滞在で妙高の魅力に触れてみては。

ロッテアライリゾートは「ARAI」「LODGE」「CLUB」「NEST」に分かれ、カジュアルからラグジュアリーまで、さまざまなコンセプトを持っています。写真はCLUB1Fのライブラリーカフェで、蔦屋書店とのタイアップで世界のビジュアル本を多数揃えています。バーカウンターもあるので、シングルモルトを楽しみながら写真集を眺めるひと時も味わえます。

ARAIのレセプションは吹き抜けになっていて、2Fのラウンジからは1Fが見渡せます。曲線を描く大窓は2Fまで広がり、山の景色が全面に広がります。

1 / 2p
Feature Product 松任谷正隆さんと行く、新宿 北村写真機店の楽しみ方。
Feature Product 松任谷正隆さんと行く、新宿 北村写真機店の楽しみ方。