初めての京都・祇園を、気おくれせずに満喫できるお薦め6軒。

初めての京都・祇園を、気おくれせずに満喫できるお薦め6軒。

写真:大島拓也、谷口 哲、内藤貞保 文:國友 敬

京都の祇園といえば、茶屋や高級割烹など、一見には簡単に楽しめないイメージ。だがこのエリアには、気軽に利用できる店も少なくない。ひとりでもふらりと寄れる、お薦めの6軒を紹介する。

歴史的な遺産が数多く点在する京都の中でも、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されるなど、情緒あふれる景観が密集する祇園。このエリアを楽しむのは高くつくイメージがあるが、気おくれせずひとりで立ち寄れる店も少なくない。たとえば祇園の真っただ中にありながら、アットホームな雰囲気で迎えてくれる「祇園サンボア」は、著名人の常連客も多い老舗のバー。茶屋も経営する女将がカウンターに立つので、芸妓や舞妓が客と立ち寄ることも珍しくない。事情通のマスターが多いので、バーは情報収集の場としても活用できるはずだ。

祇園の老舗を少し贅沢に味わうなら、鯖寿司で有名な「いづ重」や鰻の「梅の井」がいい。どちらも100年もの長い歴史をもち、店がこの地で代々受け継いできた食文化は、味や設えを含めここでしか出合えないだろう。

中華にも祇園ならではの味がある。巽橋のすぐ前にある「竹香」はその元祖で、芸舞妓が仕事前に食べても匂わないようにするため、ニンニクや生姜を使わないあっさりした中華料理をつくるようになったという。以来、この周辺ではあっさり味の中華が定番になったとか。

石畳の道を歩くだけでなく、食や酒を楽しみながら「ひとり、京都」を堪能したい。祇園は、そんな贅沢を叶えるのにもってこいの街だ。

1 / 7p
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第4回:職人の手作業による、極上の仕上げ。
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第4回:職人の手作業による、極上の仕上げ。