目が合うだけで吸い込まれそうになる、この透明感は遺伝子...

目が合うだけで吸い込まれそうになる、この透明感は遺伝子レベル⁉

撮影:桑島智輝 文:佐野慎悟

vol.15
NANAMI
アイデザイナー/モデル

2019年1月に、1stフォトブックを発売。

いま話題のインフルエンサー「バズ美女」を紹介するスペシャル連載。今回登場するのは、アイラッシュ&ヘアサロン「L by HOME」のアイデザイナーで、モデルとしても活躍しているNANAMIさん。アイデザイナーとは、すなわち顧客の好みやスタイルに合わせて、まつげエクステで目元の印象をデザインするクリエイター。“まつエク”といえば、数年前までは少し豪華な扇子ぐらいのテンションで、バサバサと大量に盛り付けるイメージがありましたが、最近ではかなりスタイルが洗練されているようです。

「いまはまつエクも、髪を切ったり、ネイルの色を変えるのと同じぐらいに、自然でさりげない身だしなみとなっています。まつエクをしていれば、アイメイクをしなくても外出できちゃうので、朝はギリギリまで寝ていたい私にとっては本当に好都合。最近は髪の色に合わせて、ブラウン系のまつエクをするのが定番になっています」

そんなNANAMIさんは、2019年1月に初となるフォトブックを発売。初挑戦となったグラビアにも注目が集まりましたが、ロングインタビュー内で語られた内容も話題に。クリエイターとして、モデルとして、ファッション、メイク、アイデザインと、そのスタイルが女性たちに高い影響力をもつNANAMIさん。これからのシーンを引っ張るインフルエンサーとして、今後も目が離せません。

佇まいの透明感はもとより、物おじしない自然体の表情には、既に大物のオーラが漂っています。甘さとエッジィを織り交ぜたファッションは、男女ともにウケがいい。

落ち着いた大人の雰囲気かと思いきや、時折見せるイタズラっぽい仕草に、思わず目が釘付けに。

ひとたびポーズを取ってみると、まるでお人形さんのような浮世離れした美しさ! そしてやはり際立っているのは、その目ヂカラです。

視線が合うと吸い込まれてしまいそうなほど、人の心を惹きつけるNANAMIさんの目。まつげの主張はさりげなく、しかし圧倒的にかわいい! NANAMIさんと同じまつエクをオーダーする女性が多いのにも頷ける。

確かに、よく見るとアイラインやアイシャドウは付けていないようで、リップ以外はほぼノーメイク!? しかしまつげの存在感によって、顔の印象はくっきりと仕上がっています。

目元に見惚れているついでに、いろんなパーツにいちいちにじり寄ってみました。美人は耳だけを見ても、やっぱり美人ってわかるところがまたすごい。

ちょっと緩めのニットと、お人形さんのように美しい女の子のマリアージュ。その破壊力たるや、「筆舌に尽くしがたい」とはまさにこのこと。

息遣いが聞こえてきそうな距離感に、ドキドキも最高潮に。どの角度から見ても、ナチュラルでかわいい目元はやはりNANAMIさんの専売特許。

1stフォトブックの発売で、アイデザイナーやモデルとしての枠組みから、新たな一歩を踏み出したNANAMIさん。今後どのような活躍を見せてくれるのか、楽しみでなりません。

もぞもぞと無意識に動いていた足が可愛すぎたので、最後にちょっとだけ隠し撮り(笑)。

Q1
好きな男性のタイプは?
A
見た目は、身長が高い、黒髪、居心地がいい人。
Q2
好きな男性のファッションは?
A
基本的にシンプルな服装が好き。
Q3
よく行くお店は?
A
サラダショップ
Q4
好きな食べ物は?
A
辛い食べ物。
Q5
趣味は?
A
岩盤浴、ネット番組。
Q6
好きな休日の過ごし方は?
A
前日に友達と飲んで、次の休みの日に家のことをやって、パーソナルジムに行ったり、メンテナンスしたり、岩盤浴に行ったり、ネット番組を家でずっと見たりすること。連休は旅行に。
Q7
好きな音楽は?
A
SHE'S。歌声とピアノロックが新しくて好き。
Q8
好きな映画は?
A
『ラブ・アクチュアリー』。何回観ても飽きない。
Q9
身長は何cm?
A
160cm
Q10
好きなお酒は?
A
ハイボール。甘いお酒が嫌いで、最近はハイボールにハマってます。あとはしょっちゅう飲むわけじゃないけど、日本酒は飲める人とだととことん飲んじゃう。辛口が好き。
Q11
自分は犬系女子、猫系女子?
A
多分、猫系女子。
Q12
インスタグラムで反響が大きかった投稿は?
A
普通に盛れた写真がなんだかんだやっぱり人気。
Q13
自撮りする時に気をつけていることは?
A
アプリに頼りすぎない。
目が合うだけで吸い込まれそうになる、この透明感は遺伝子...

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。