異国の匂いがした、夏の日のあの人。

異国の匂いがした、夏の日のあの人。

撮影:熊谷勇樹 文:佐野慎悟

vol.08
甲斐まりか
モデル

畳の部屋で寝転び、ただ無為に手毬と戯れる、メロウな夏の昼下がり……。甲斐さんは畳敷きの部屋で暮らしたことはないそうですが、彼女が受け継ぐ日本人としてのDNAなのか、不思議と心が落ち着くそうです。

いま話題の麗しきインフルエンサー「バズ美女」を紹介するスペシャル連載。第8回は、マレーシア、タイ、ドイツ、イギリスと、人生の大半を海外で過ごし、5カ国語を自在に操るマルチリンガルなモデル、甲斐まりかさんです。

「3歳の頃からマレーシアに住んでいたので、幼稚園の時はまったく日本語が話せませんでした。その後、タイに移住して、小学校では日本人学校に。そこから毎日、日本語漬けの生活になったので、数週間で日本語しか喋らない子になったそうです。5歳児の対応力はすごいですよね」と甲斐さん。

日本人の父親とタイ人の母親の間に生まれた彼女は、オリエンタルな雰囲気漂うナチュラルビューティ。学生時代をドイツやイギリスで過ごし、ドイツ語や英語に加えてフランス語も堪能だそうです。エディンバラの大学ではマーケティングを学び、卒論のテーマはSNS上での「バズり」のメカニズムについて。資生堂など化粧品メーカーのマーケッターを志して日本で就職活動をした彼女ですが、現在は資生堂の広告キャンペーンにモデルとして抜擢されています。

「最近は映像のお仕事もやらせていただいていますが、小さな頃からクラシックバレエを習っていたこともあり、いまになって表現することの面白さにどんどん引き込まれています。今年は演技のお仕事にも積極的に挑戦していきたいと思っています」

そこで甲斐さんには、ノスタルジックな古民家で過ごす、日本の夏の昼下がりを表現してもらいました。夏休みに突然祖母の家にやってきた、海外育ちの従姉妹。そんなイメージがぴったりとくる、絶妙な距離感に、妄想がかき立てられます。思春期の甘酸っぱい記憶を呼び覚ます、ちょっぴりセンチメンタルなストーリーをご堪能ください。

こうして見ると、着物の似合いそうな和風美人の甲斐さんですが、彼女の第一言語は英語。しかし、いわゆるハーフタレントのような快活で大胆なイメージというより、大和撫子のようなしっとりとしたエレガンスが魅力です。

百合の花をくわえ、窓から差し込む陽光の中に佇む美少女。絵画の題材になりそうな情景は、もはや神秘的ですらあります。

扉の陰から静かに寄せられる視線に、心の中を見透かされているような錯覚を覚えます。この状況で聞いたこともないドイツ語やタイ語を呟かれたりしたら、不思議な魅力に引き込まれてしまいそう……。

キッチンに立ち、冷やしておいたスイカを切り分けてくれる従姉妹のお姉さん。彼女が歌う優しいメロディーの鼻歌は、いったいどこの国のどんな歌なのでしょうか?  どうしても、スイカより彼女のことが気になってしまいます。

少年時代、祖母の家に突然こんな美女が現れたら、その衝撃的な出会いは、大人になっても忘れられない思い出となることでしょう。海外の街のこと、音楽のこと、本のこと……。訊きたいことは、山ほどあります。

切り分けたスイカをちゃぶ台に乗せて、無心に頬張る姿はどこまでもイノセント。縁側には風鈴が揺れ、どこからかラジオの野球中継も風に乗って聞こえてきます。この静かな時間が、永遠に続いていくような気がしてきます。

夢中になってカメラを構えている少年に振り向き、「食べないの? 甘くておいしいよ」と、優しく声をかけてくれそうな自然な表情。世界の国々を転々としてきた甲斐家の食卓は、意外にも和食がメインだったそうです。

果汁滴るマンゴーを、丸ごと頬張るお姉さん。甘く濃密な果実は、小学校卒業まで暮らしたタイの情景を思い出させてくれるのかもしれません。南国のフルーツを初めて口にした少年は、その後マンゴーを目にするたびに、この日のことを鮮明に思いだすことでしょう。

Q1
好きな男性のタイプは?
A
紳士的な人にドキッとします。あとは、自分の知らない世界を教えてくれる人。
Q2
好きな男性のファッションは?
A
Simple is the best.
Q3
よく行くお店は?
A
恵比寿のベトナム料理屋さんと、「ボイシャキ」と言うカレー屋さん。
Q4
好きな食べ物は?
A
生牡蠣、ピスタチオ味のマカロン。
Q5
趣味は?
A
ネットフリックス、マグマヨガ、b-monster、旅。
Q6
好きな休日の過ごし方は?
A
映画を観るか、ちょっと遠出する
Q7
好きな音楽は?
A
最近はFKJ、Rhye、Tom Misch。夏はフェスもいっぱい行く予定で、やっぱりチルな気分です。
Q8
特技は?
A
料理、言語
Q9
好きな本は?
A
『星の王子様』。素直なストーリーで、読むたびに心が洗われるし、本当に大事なものがなにか気づかされる。
Q10
好きな映画は?
A
普段は洋画派だけど、去年観た『湯を沸かすほどの熱い愛』は、周りにも勧めているくらいここ最近の大ヒット。最近観た『レディ・バード』も、母親の愛情がテーマでたくさん考えさせられるし、ママに会いたくなります。
Q11
身長は何cm?
A
163cm。
Q12
好きなお酒は?
A
ジントニック。イギリスではビールかジントニックしか飲んでいなかったので。
Q13
自分は犬系女子? 猫系女子?
A
見た目は猫系、中身は犬系。
Q14
インスタグラムで反響が大きかった投稿は?
A
旅行中の写真に反応がいい気がします。あとは滅多に露出しないので、一度だけ載せた水着の写真には“いいね”数がいつもの5倍くらいつきました(笑)。
Q15
自撮りする時に気をつけていることは?
A
特にないけど、加工をフィルム風にするのにハマっています。
Q16
あなたにとってインスタグラムとは?
A
自分の趣味でもあり、仕事でもある場所。
異国の匂いがした、夏の日のあの人。

次号予告

ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

やっぱり、アメトラでいこう。