ポップ・ミュージック職人としてのセンスが凝縮された、カン・サノの新作。

ポップ・ミュージック職人としてのセンスが凝縮された、カン・サノの新作。

文:加藤一陽(編集者)

カン・サノは1983年、石川県生まれ。キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサー。バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。2019年にリリースした前作『ゴースト・ノーツ』はストリーミング累計再生回数が1500万回を超えた。

【Penが選んだ、今月の音楽】他のアーティストとのコラボやCMへの楽曲提供などで、ますます存在感を高めているカン・サノ。彼が5枚目のフル・アルバム『スザンナ』を完成させた。この作品には「On My Way Home」「DT pt.3」といった先行配信曲や、所属プロダクションorigami PR...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ポップ・ミュージック職人としてのセンスが凝縮された、カン・サノの新作。
Feature Design 国産材の可能性を、デザインから考えるプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が開催中。
Feature Design 国産材の可能性を、デザインから考えるプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が開催中。