駅の案内係もAIに交代、のはずが……⁉
BERLIN ベルリン

駅の案内係もAIに交代、のはずが……⁉

文:河内秀子

ペッパーとともに、東京駅でも実証実験のために設置されていた「セミ」。ベルリンでは女性バージョンで登場。 photograph by Gianni Plescia

1日に30万人以上が利用するベルリン中央駅。市内を縦横無尽に走る近郊列車はもちろん、都市間を結ぶ特急や国際列車の乗り入れもある7万㎡の広大な駅だ。窓口や案内所は常に長蛇の列で、列車遅延の際は混雑に拍車がかかる。そこで人員不足による対応の遅れを解決すべく導入されたのが、AI搭載の案内ロボット「セミ」だ。
「なにかお手伝いできることがありますか?」と気さくな口調で話しかけてくるセミだが、表情の不気味さ故か誰も近寄らず、相変わらず人間のスタッフの前に行列ができている。CO2削減に向けて公共交通機関の無償化が検討されるなど、鉄道の重要性が増す中、気さくに愛されるロボットとなるのか、はたまた奇策で終わるのか⁉

駅の案内係もAIに交代、のはずが……⁉

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。