ビストロを世界無形文化財に! 庶民派店に市がメダルを進呈。
PARIS パリ

ビストロを世界無形文化財に! 庶民派店に市がメダルを進呈。

文:髙田昌枝

2区にあるル・ブーガンヴィルもメダルを受けた一軒。Photograph by Olivier Bardina

パリの暮らしに欠かせない存在といえば、ビストロ。通勤前のカフェ一杯からランチ、アペリティフはもちろん、家族で楽しむ夕食まで、さまざまな場面で住民が集う。しかし現在はパリの飲食店の14%にまで数が減少。さらに庶民派だったビストロは高級化が進み、「ビストロノミー」という言葉まで生まれている。そんな...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ビストロを世界無形文化財に! 庶民派店に市がメダルを進呈。