筆も進む!? 作家・読書家のための新施設。
NEW YORK ニューヨーク

筆も進む!? 作家・読書家のための新施設。

文:鈴木希実

書店には常時約3000冊を陳列。カフェも併設。photo: Michelle Rose

2階の落ち着いた会員専用スペースは読書も執筆も捗りそう。これなら会費も払いたい。photo: Michelle Rose

小説家の支援などを専門とする非営利団体「センター・フォー・フィクション」の新館が、ブルックリンにオープンした。数々の有名作家を輩出してきたニューヨークらしい施設だ。延べ床面積1625㎡、3フロアにわたる建物で、書店、図書室、閲覧室はもちろんのこと、書き手のためのデスクスペースや会議室、イベント...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
筆も進む!? 作家・読書家のための新施設。