日本の近世町人文化の粋「琳派」と、西欧近代の幕開け「印象派」を対比する。

日本の近世町人文化の粋「琳派」と、西欧近代の幕開け「印象派」を対比する。

文:赤坂英人

尾形光琳『孔雀立葵図屏風』18世紀 アーティゾン美術館蔵(重要文化財)

【Penが選んだ、今月のアート】京都の町人文化の粋を表現し江戸へと引き継がれた琳派と、西洋近代美術の幕開けとなった印象派。この両派を対比する斬新な企画展だ。琳派は17世紀の俵屋宗達や、その影響を受けた18世紀の尾形光琳や乾山、江戸琳派の酒井抱一や鈴木其一らの装飾的美意識が特徴。一方、印象派は1...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
日本の近世町人文化の粋「琳派」と、西欧近代の幕開け「印象派」を対比する。
Feature Product 【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!
Feature Product 【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!