175枚のパネルから成る木炭絵画に、雑誌・書籍の仕事も...

『本と美術の展覧会vol.3 佐藤直樹展 : 紙面 ・ 壁画 ・ 循環』

太田市美術館・図書館

175枚のパネルから成る木炭絵画に、雑誌・書籍の仕事も紹介した佐藤直樹展。

川上典李子 エディター/ジャーナリスト

『その後の「そこで生えている。」』、2014年~。個展『秘境の東京、そこで生えている』(2017年)での展示風景。182.5×16101㎝ものスケールをもつ。

『はじめの「そこで生えている。」』、2013年。『TRANS ARTS TOKYO 2013』での展示風景。

雑誌『ART iT』Vol.2 No.1、2004年(左)とNo.21、2008年(右)。 本展では約240の雑誌、書籍の仕事も紹介。

DTPの草創期にあたる1990年代後半から2000年、雑誌や書物のエディトリアル・デザインで活躍し、自らグラフィック・デザイン誌の発行も行っていた佐藤直樹。デザインから絵画へと軸足を移し、木炭を手に絵画に没頭していると聞いた時には驚かされた。6年ほど前のことだ。「ある時期から急激に描く行為へと...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら

『本と美術の展覧会vol.3 佐藤直樹展 : 紙面 ・ 壁画 ・ 循環』
開催中~10/20
太田市美術館・図書館
TEL:0276-55-3036
開館時間:10時~18時 ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月(祝日・振替休日の場合は開館、翌火曜休)
料金:一般¥500(税込)
www.artmuseumlibraryota.jp

175枚のパネルから成る木炭絵画に、雑誌・書籍の仕事も...