Feature Product ティファールのアクセススチーム プラスが叶える、森岡書店・森岡督行の豊かな朝時間。
PROMOTION

ティファールのアクセススチーム プラスが叶える、森岡書店・森岡督行の豊かな朝時間。

写真:森山将人(TRIVAL) 動画ディレクション:谷山武士 スタイリスト:廣松真理子 文:和田達彦

朝の忙しい時間でも、ハンガーにかけたままで手早く衣服のシワ伸ばしが行える衣類スチーマー。森岡書店の森岡督行さんに、パワフルな連続スチームが特長のティファールの衣類スチーマー「アクセススチーム プラス」を体験してもらった。

ティファールのアクセススチーム プラスが叶える、森岡書店・森岡督行の豊かな朝時間。

森岡督行(もりおか・よしゆき)●1974年山形県生まれ。森岡書店代表。著書に『BOOKS ON JAPAN 1931 – 1972 日本の対外宣伝グラフ誌』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『荒野の古本屋 』(晶文社)など。展覧会の企画協力、ブックセレクト、ファッションのプロデュースなども行う。2020年5月には伊藤昊写真集『GINZA TOKYO 1964』を企画、編集、出版した。

銀座で“一冊の本を売る書店”をコンセプトに、週替わりで一冊の本に限って販売する「森岡書店銀座店」を営む森岡督行さん。2017年にコミュニティーサイト「森岡書店総合研究所」を開設し、20年5月には幻の写真家・伊藤昊の写真集『GINZA TOKYO 1964』を刊行するなど、本や空間を使った新しいコミュニケーションの可能性を多角的に追求し続けている。近年はさまざまな領域に活動の場を広げている森岡さんだが、そのひとつにファッションもある。「服って面白い。着る、脱ぐという行為は日常で当たり前にすることですが、その一つひとつに喜びが感じられたら、過ごす時間の質がよくなると思うのです」と話す。今年は、自宅で仕事をする機会も増えたという森岡さん。日常生活をより豊かにするべく、ティファールの衣類スチーマー「アクセススチーム プラス」を体験してもらった。


1 / 4p
Feature Product ティファールのアクセススチーム プラスが叶える、森岡書店・森岡督行の豊かな朝時間。