建築家・谷尻誠が考える、
4K有機ELブラビアを楽しむ空間作り。

写真:杉田裕一(室内) 写真:江森康之(人物) 文:高野智宏 スタイリング:山口友里 360°撮影:bueno
  Supported by ソニーマーケティング株式会社
 

ソニーから登場した4K有機ELパネルを使用したブラビアは、テレビの新たな可能性を感じさせます。この革新的なプロダクト「A1シリーズ」を気鋭の建築家、谷尻誠さんが体感し、A1だからこそ作り上げられる洗練の空間を提案してくれました。

建築家・谷尻誠が考える、<br>4K有機ELブラビアを楽しむ空間作り。

A1の映像が表現する黒の締まりやきらびやかな光の輝き、そして、画面そのものから音を出すという画期的な発想は、視聴者にこれまでにない映像体験をもたらたしてくれる、まさしく革新のプロダクトといえるでしょう。

また、可能な限りディスプレイを薄く、ベゼルを狭くし、スタンドすら背面に隠してシンプルを極めた佇まいは、映像への究極の没入体験を目指してたどりついた、新たなテレビのカタチです。

建築家・谷尻誠が考える、<br>4K有機ELブラビアを楽しむ空間作り。

谷尻誠●1974年、広島県生まれ。穴吹デザイン専門学校卒業後、設計事務所勤務を経て2000年に「SUPPOSE DESIGN OFFICE」を設立。2004年より吉田愛と共同主宰、公共建築のほか店舗設計やインスタレーションなど、幅広い分野で活躍。

そんなA1が広げる空間作りの可能性に取り組んでくれたのが、商業施設に加え多くの住宅を手がける建築家の谷尻誠さん。プロダクトデザインの観点からA1を語ってもらうとともに、谷尻さんと吉田愛さんの率いる建築設計事務所「SUPPOSE DESIGN OFFICE」が設計を手掛けた住空間をアレンジ。よりA1が似合うリビングをコーディネートしてもらいました。