Feature Product デザイナー・藤城成貴さんの腕に馴染んだ「wena wrist」は、どんなシーンにも似合う大人のスマートウォッチです。
PROMOTION

デザイナー・藤城成貴さんの腕に馴染んだ「wena wrist」は、どんなシーンにも似合う大人のスマートウォッチです。

写真:殿村誠士(人物)、宇田川 淳(静物) スタイリング:若梅 ヘア:AZUUMI 文:和田達彦

腕時計のバンド部分にスマートウォッチ機能を集約するという発想から誕生したソニーの「wena wrist(ウェナリスト)」。第2世代で「pro」「active」「leather」の充実したラインアップが揃ったwena wristの魅力について、プロダクトデザイナーの藤城成貴さんに語ってもらいました。

デザイナー・藤城成貴さんの腕に馴染んだ「wena wrist」は、どんなシーンにも似合う大人のスマートウォッチです。

藤城成貴(ふじしろ・しげき)●1974年東京都生まれ。桑沢デザイン研究所を卒業後、98年より株式会社イデーに入社。定番商品および特注家具をデザインする。2005年に退社し、shigeki fujishiro designとして個人でデザイン活動を行う。

「久々に腕時計を着けると、身が引き締まるような気持ちがしますね」と語る、藤城成貴さん。バッグなどのデザインを手がける際は、ラフスケッチを描いた後、実物大の試作品をつくるためにカッターなどを使うので、普段から手や腕にモノを着けないようにしているそうです。
「スマートフォンを携帯するようになった頃から、外出時に腕時計をする習慣もなくなっていました。でもこうして着けてみると、いいものですね。僕は、もしまた腕時計を買うなら、アナログ式がいいと思っていたんです。残り時間などがパッと見て一瞬でわかるのがいい」。wena wristのヘッド(時計部分)は、スマートウォッチ機能をもたない純粋なアナログウォッチ。時計らしいその佇まいが気に入ったそうです。

Feature Product デザイナー・藤城成貴さんの腕に馴染んだ「wena wrist」は、どんなシーンにも似合う大人のスマートウォッチです。

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。