Feature Product 【セイコー プレザージュ×又吉直樹 匠の技が導く出合い】Vol.4 独自の進化を遂げた、七宝ダイヤルの透明感。
PROMOTION

【セイコー プレザージュ×又吉直樹 匠の技が導く出合い】Vol.4 独自の進化を遂げた、七宝ダイヤルの透明感。

写真:杉田裕一 文:和田達彦 スタイリング:満園正明 ヘア&メイク:Reina

「セイコー プレザージュ」の腕時計に息づく日本の伝統技術を、職人と芸人で小説家の又吉直樹さんとの対談からひも解くシリーズ。第4回は、七宝ダイヤルの魅力を語り合ってもらった。

【セイコー プレザージュ×又吉直樹 匠の技が導く出合い】Vol.4 独自の進化を遂げた、七宝ダイヤルの透明感。

写真左:又吉直樹(芸人、小説家)●1980年、大阪府生まれ。2003年に綾部祐二とお笑いコンビ「ピース」を結成。15年には小説『火花』(文藝春秋)で第153回芥川龍之介賞を受賞。近著に『人間』(毎日新聞出版)などがある。写真右:戸谷 航(尾張七宝 施釉師)●1985年、愛知県生まれ。愛知県立瀬戸窯業高校卒業後、安藤七宝店に入社。尾張七宝の施釉師として、ダイヤル上の厚さ0.3mmの中に独特の色彩を表現することができる唯一無二の職人。

100年を超える時計づくりの伝統を受け継ぐセイコー プレザージュ。日本の優れた伝統工芸を取り入れ、伝統と先端技術とを融合させたモデルを意欲的に展開している。尾張七宝の施釉師(せゆうし)、戸谷航(わたる)さんが手がけた七宝ダイヤルモデルもそのひとつだ。

1 / 3p
Feature Product 【セイコー プレザージュ×又吉直樹 匠の技が導く出合い】Vol.4 独自の進化を遂げた、七宝ダイヤルの透明感。