Feature Product 【セイコー プレザージュ×又吉直樹 匠の技が導く出合い】Vol.2 漆芸の技を駆使した、漆ダイヤルの艶やかさ。
PROMOTION

【セイコー プレザージュ×又吉直樹 匠の技が導く出合い】Vol.2 漆芸の技を駆使した、漆ダイヤルの艶やかさ。

写真:杉田裕一 文:和田達彦 スタイリング:高橋正典 ヘア&メイク:Azuumi

「セイコー プレザージュ」の腕時計に息づく日本の伝統技術を、職人と芸人で小説家の又吉直樹さんとの対談からひも解くシリーズ。第2回は、漆ダイヤルの魅力を語り合ってもらいます。

【セイコー プレザージュ×又吉直樹 匠の技が導く出合い】Vol.2 漆芸の技を駆使した、漆ダイヤルの艶やかさ。

写真左:又吉直樹(芸人、小説家)●1980年、大阪府生まれ。2003年に綾部祐二とお笑いコンビ「ピース」を結成。15年には小説『火花』(文藝春秋)で第153回芥川龍之介賞を受賞。近著に『劇場』(新潮社)などがある。写真右:田村一舟(漆芸家、加賀蒔絵師)●1957年、石川県生まれ。清瀬一光に師事し、金沢に伝わる加賀蒔絵を習得後、独自の技法を考案。漆器をはじめ万年筆や腕時計なども手がけ、その精緻な技が世界的に評価されている。

100年を超える時計づくりの伝統を受け継ぐ「セイコー プレザージュ」。日本の優れた伝統工芸を取り入れ、伝統と先端技術との融合を意欲的に行ったモデルを展開しています。今回紹介する漆ダイヤルモデルもそのひとつ。漆芸家で加賀蒔絵師の田村一舟(いっしゅう)さんが監修した漆の文字盤は、独特の艶と奥行きのある漆黒の色合いが魅力です。

1 / 3p
Feature Product 【セイコー プレザージュ×又吉直樹 匠の技が導く出合い】Vol.2 漆芸の技を駆使した、漆ダイヤルの艶やかさ。