Feature Product 【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義③:“薄くて美しい”を可能にした、驚きの構造と技術。
PROMOTION

【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義③:“薄くて美しい”を可能にした、驚きの構造と技術。

写真:宇田川淳 文:篠田哲生 イラスト:黒木仁史

1874年創業のウオッチ&ジュエリーブランド「ピアジェ」。その魅力を語る上で切り離せないゴールドとの深い関係について、4人の講師がひも解きます。第3回は時計ジャーナリストの篠田哲生さんが、ピアジェのエレガンスを支えるカギとなる極薄ムーブメントとゴールド素材、さらにそれらを実現する技術について解説。後半ではゴールドを用いた、多彩な美的表現と技巧を凝らした時計も一挙に紹介します。

【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義③:“薄くて美しい”を可能にした、驚きの構造と技術。

ムーブメントの周囲を回転するペリフェラルローターにより、自動巻き式ながら4.3mm厚を実現した「アルティプラノ アルティメート・オートマティック ウォッチ」。自動巻き、18KPG、ケース径41mm、パワーリザーブ約50時間。¥2,940,000(税抜)

ピアジェの哲学は、「美しい時計をつくること」にあります。そのために同社は、まず極薄ムーブメントの開発に力を入れました。ムーブメントがきわめて薄ければ、ケースの装飾やジュエリーセッティング、あるいはダイヤル素材で創造性を発揮しても、時計全体のプロポーションが崩れることはないからです。

1957年に発表した「キャリバー9P」は2mm厚の手巻き式ムーブメントで、その3年後には2.3mm厚の自動巻き式「キャリバー12P」が完成。この極薄ムーブメントを使ったドレスウォッチで、ピアジェは評価を高めます。こういった薄型時計の技術や美意識は、現代のエレガンスウォッチ「アルティプラノ」へと継承されているのです。

【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義③:“薄くて美しい”を可能にした、驚きの構造と技術。

キャリバー910Pの地板兼裏蓋。すべてを一体構造とした上で、フラットな部分にうっすらと見える十字型のフレームを加え、さらに強度を高めています。その結果、最薄部分は0.2mmしかありません。

【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義③:“薄くて美しい”を可能にした、驚きの構造と技術。

極薄時計をつくるためには、すべてのパーツを薄型設計にしなければいけません。つまみ上げているプレートの厚さは0.52mm。さらに、エッジ部分に綺麗な面取り加工を施します。

しかしここに、ひとつの疑問が生まれます。極薄のドレスウォッチをつくるためには、ケース自体も薄く設計する必要があります。ということは、ケース素材には強度の高い特殊合金を使用する方が効率的では?  しかしピアジェは“美しい時計”という信念をもち続け、優雅で美しいゴールド素材で、極薄のドレスウォッチをつくります。

世界最薄のゴールド製自動巻きウォッチ「アルティプラノ アルティメート・オートマティック ウォッチ」は、ケースバックに直接パーツを組み込むという特殊構造によりケース厚を4.3mmに抑えています。これだけの極薄ケースをやわらかなゴールド素材でつくるために、ピアジェでは見えない場所に工夫を凝らしました。高精度切削マシンによって、モノブロック構造のケースバックを実現し、強度を高めます。さらにフラットな部分には十字型のフレームを加えて着用時の曲がりや変形に対応。その結果、ケースバックの最薄部は0.2mm厚しかないのです。

【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義③:“薄くて美しい”を可能にした、驚きの構造と技術。

真ん中の香箱を上から吊り下げ、地板に影響を与えない構造に。香箱の摩擦を軽減させるため、ボールベアリングを挟み込みます。摩擦軽減のためのルビー製穴石も、0.25mmに薄型化。

【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義③:“薄くて美しい”を可能にした、驚きの構造と技術。

ピエジェの工房の様子。熟練の職人によって精密な機構が組み上げられます。

この最薄部は香箱の下にあたりますが、これも考え抜かれた構造です。そもそも、動力ゼンマイを収納する香箱は、常に強い力が加わるのでしっかりとした軸受けが必要となります。そのため地板部分を厚くして強度を高めるのがセオリー。しかしこれでは薄型化は難しい。そこでピアジェは、精度の安定や実用的な持続時間を考えながら、可能な限り香箱を薄く(1.14mm厚)するだけでなく、上から吊り下げるフライングバレルという構造を考案しました。こうすれば地板側に香箱の力が加わらないので、厚くする必要がなくなります。本来であれば最も厚くなる香箱まわりを薄くすることで、ゴールド素材であっても極限の薄さを追求できるのです。

時計業界では、薄さ自慢の時計が増えています。しかし“薄くて美しい”時計はピアジェの独壇場。ゴールド素材を活かすために構造から開発するという、マニュファクチュールとしての誇りを感じられるはずです。

【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義③:“薄くて美しい”を可能にした、驚きの構造と技術。

篠田哲生(しのだ・てつお)1975年、千葉県出身。時計専門誌やファッション誌、ビジネス誌など幅広い媒体で時計記事を担当し、イベントへの登壇も多数。時計学校を修了した実践派で、スイス取材の経験も豊富。Pen Onlineの動画コンテンツ「Watch The Watches」に出演中。

1 / 2p
Feature Product 【ピアジェとゴールドの秘密を解く】講義③:“薄くて美しい”を可能にした、驚きの構造と技術。