Feature Product ゲーミング PCのMSIがつくる、ビジネスノートの“頂点”。その真価をクリエイティブディレクターに聞く。
PROMOTION

ゲーミング PCのMSIがつくる、ビジネスノートの“頂点”。その真価をクリエイティブディレクターに聞く。

文:⾼野智宏 写真:齋藤誠一

この冬、ゲーミングPC界大手のMSIが本格的にビジネスノートPC市場に参入。動画制作などを行うライトクリエイターにも対応するというその性能を、クリエイティブディレクターの石井勇一さんに体験してもらった。

ゲーミング PCのMSIがつくる、ビジネスノートの“頂点”。その真価をクリエイティブディレクターに聞く。

石井勇一●1979年、東京都生まれ。2013年、パートナーであるスタイリストのふくしまアヤさんとともに「OTUA」を設立。世界的なデザインアワード、ロンドンの「D&D Award」でのブロンズ賞をはじめONE showなど受賞歴多数。常に物事の本質に真摯に向き合うことで、対象者の心を揺さぶる“ナラティブ”な世界観を柔軟に表現し、パッケージデザイン、ロゴやグラフィック、ブランドの再構築やコーポレートアイデンティティなど、マルチに評価が高い。

ドラゴンをモチーフとしたロゴマークをアイコンに、ゲーム業界では世界的に知られるPCメーカー「MSI」。そんな、ゲーミングPCのグローバルブランドがこの度、ビジネスノートPC「Summit(サミット)」をリリース。Summit-B14を11月より発売、Summit-E15(英字キーボード)を12月に発売し、本格的にビジネスPC市場へ参入する。

ビジネスはもちろん、YouTubeなどの動画制作を行うライトクリエイターにも適しているという「Summit」を、話題映画のポスターやパンフレットなどを多く手がける、クリエイティブディレクター及びアートディレクターである石井勇一さんに体験してもらった。グラフィックがメインながらときに動画制作も手がけるプロの目に、「Summit」の実力はどう映ったのだろうか。

1 / 3p
Feature Product ゲーミング PCのMSIがつくる、ビジネスノートの“頂点”。その真価をクリエイティブディレクターに聞く。