Feature Product 生まれかわった「IWC銀座ブティック」に、行くべき5つの理由。
PROMOTION

生まれかわった「IWC銀座ブティック」に、行くべき5つの理由。

写真:宇田川 淳 文:遠藤和呼

高級時計店が増えていることで注目されている、東京・銀座の並木通り。スイスの名門IWCも2014年4月に直営ブティックをオープン、さらに2018年12月7日には50メートルほどみゆき通り側に移転・リニューアルを果たしました。この新店舗の魅力を5つの“行くべき理由”から紹介しましょう。

生まれかわった「IWC銀座ブティック」に、行くべき5つの理由。

スイスの時計ブランドとしては数少ない、ドイツ語圏のシャフハウゼンに本拠を置くIWCは、ハイクオリティで実用性に優れた時計づくりで高く評価されてきました。ブランドを代表するアイコニックなシリーズ「パイロット・ウォッチ」やラージケースの「ポルトギーゼ」、機械式時計復活のシンボルとなった「ダ・ヴィンチ」など傑作が少なくありません。その全コレクションを揃える東京・銀座の直営ブティックがリニューアルオープンしました。売り場面積は旧店舗の2倍となり、店頭在庫も2割ほど増えてパワーアップ。ムーブメントをモチーフにしたディスプレイや書棚に並んだ本や小物など、ショーケースはもちろん店内すべてがIWCの魅力あふれる世界観で満たされており、時を忘れてゆっくりと寛げる空間が広がっています。

1 / 4p
Feature Product 生まれかわった「IWC銀座ブティック」に、行くべき5つの理由。