Feature Product いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ③カーキ編
PROMOTION

いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ③カーキ編

写真:宇田川淳(静物)、森山将人〔TRIVAL〕(人物) 文:篠田哲生 スタイリング:石川英治(静物)

アメリカで生まれ、スイスでつくられる時計ブランド「ハミルトン」は、伝統的なスイス時計とは異なる個性がある。今回取り上げるのは、アメリカ陸軍などに供給されたミリタリーウォッチをルーツにもつ「カーキ」。その魅力を、ミリタリーアイテム好きのクリエイターに語ってもらった。

いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ③カーキ編

戦場という極限の状況下でもしっかりと時刻を伝えるためのシンプルな表示や、軍隊式の時刻呼称に合わせた24時間式のインデックス表示、そしてマット仕上げのケースなど、武骨な雰囲気を醸しつつも機能的なスタイルでまとめられている。

“懐中時計を腕に巻く”という形で男性用の腕時計が考案されたのは、1899年から1902年にかけてのボーア戦争の時といわれており、その後、小型化して腕時計となった。歩兵、砲兵、戦車などを複雑に組み合わせて敵陣を攻撃するためには、時分刻みで行動することが求められる。そのためミリタリーウォッチは過酷な環境でも正確に時を刻み、壊れず、視認性に優れ、しかも全兵士に供給するために安価につくられた。そういった要素は、現代の腕時計にとっても欠かすことができない。つまり男性用の腕時計は、戦場で磨かれたのだ。ハミルトンは鉄道時計メーカーとして始まったため、精度と耐久性に定評があり、1940年代からアメリカ陸軍にミリタリーウォッチを供給するようになる。その流れを受け継いだ「カーキ」には、本物だけが醸し出す特別な魅力がある。現代のクリエイターを引き付けるのは当然だろう。

1 / 4p
Feature Product いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ③カーキ編