Feature Product 俳優・平山祐介が語る、新感覚SF映画『テネット』と、ハミルトンの腕時計。
PROMOTION

俳優・平山祐介が語る、新感覚SF映画『テネット』と、ハミルトンの腕時計。

写真:宇田川 淳 文:篠田哲生

アメリカ発祥の時計ブランド、ハミルトンは、歴史的にもハリウッドの映画産業との結びつきが強く、多くの映画に時計を提供してきた。“時間を逆行させる”という話題の新感覚SF映画『テネット』もそのひとつ。今回は、映画『テネット』と不思議な時間の話、そして時計について、俳優・モデルとして活躍する平山祐介さんに語ってもらった。

俳優・平山祐介が語る、新感覚SF映画『テネット』と、ハミルトンの腕時計。

左:平山祐介。学生時代にモデルデビュー。会社員生活を経てモデル活動を本格化し、海外のコレクションでも活躍。近年は俳優として活躍の場を広げており、話題となったドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS)では、主人公の上司である松平慎也を好演。 右:映画『テネット』とのコラボレーションを記念してつくられた、ハミルトンの「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ スペシャルエディション」。

誰にとっても身近な存在である“時間”は、決して戻ることができないからこそ物語にしやすい。タイムスリップをテーマにした映画は数多いが、鬼才クリストファー・ノーラン監督が映画『テネット』で描いたのは、「逆行する時間」だった。

「クリストファー・ノーラン監督の作品はどれも好きです。設定は非日常なのに、自分の隣で起きているような日常性も感じるのが面白い。テネットで描かれているのは基本的に“人間”であり、友情や愛情など普遍的なことなのですが、そこに逆行する時間というスパイスが加わることで、ストーリーが何倍にも面白味を増している。随所にちりばめた伏線の回収も見事ですし、作品に引き込まれましたね」と語るのは、平山祐介さん。

「出演者の演技の中にも、時間軸の変化が加わっている。それこそ目の動きや言葉の強弱によって、逆行する時間や過去と未来など、複雑に絡み合う時間との関係性が見えてくるのも面白かった」と、映画の世界に魅了されたようだった。

1 / 3p
Feature Product 俳優・平山祐介が語る、新感覚SF映画『テネット』と、ハミルトンの腕時計。