Feature Product グランドセイコー、常識にとらわれず挑戦する両者の邂逅。
PROMOTION

グランドセイコー、常識にとらわれず挑戦する両者の邂逅。

写真(ポートレート):外山温子(CROSSOVER) 写真(時計): 岡村昌宏(CROSSOVER) 文:篠田哲生

“名店出身”という背景に安住せず、ワクワクするような挑戦を続けたいという須賀洋介さん。彼にとって伝統とは、崩すためにある。

グランドセイコー、常識にとらわれず挑戦する両者の邂逅。

須賀洋介(SUGALABO Inc. 代表、シェフ) 1976年名古屋市生まれ。フランスと日本で修業を重ね、再度渡仏。20代前半でジョエル・ロブション氏と出会い、その才能を認められる。パリ、ラスベガス、ニューヨーク、台湾などで活躍。独立後、2015年に自身のラボラトリーSUGALABO Inc.を設立する。

世界的シェフ、ジョエル・ロブションの片腕として、世界中で活躍してきたシェフ須賀洋介さん。彼は一昨年に独立し、日本へと戻ってきました。

「レストランの厨房というのは、実は精密時計のようなものです。厨房には多くのスタッフがおり、それぞれが明確な役割をもって作業しています。コースの料理を最適なタイミングで出すために、お客様の様子を確認し、各スタッフの作業状況も確認しなければいけません。たとえば残り3分で仕上がる料理がある場合、どのタイミングでスタートするのか、その間にできる作業は何か? そんなことを考えながら、チーム一丸となって動いています。その際には時計は見ませんね。完全に身体にしみついている体内時計で計算しています。時計内部のパーツがチクタクという一定のリズムで動いていくように、私たちもチーム内の完璧な調和によって、料理をつくっている。だから厨房=精密時計なのです」

須賀さんのラボ『SUGALABO』は2015年春にオープン。料理を提LABO(実験室)という名称が示す通り、新しい食の研究開発の場としても活用しています。

「“食”というコンテンツをどういう形で発信していくかを考えています。異業種とのコラボレーションも積極的に進めているのもその一例なんです。たとえば航空会社の機内食を開発したり、自動車会社とイベントを行ったりしているのは、日本を代表する企業がもっている強い信念から刺激を受けたいからです」

そんな彼にとって、日本を代表する時計メーカーといえば、セイコーです。
「セイコー=精巧。装飾性よりも機能性を重んじるところに、日本的な精神を感じる。日本的とは〝和〞という言葉に集約されます。和には穏やか、仲がよい、調和などの意味があります。日本にはモラルと正確さと安心感があるので、心地よく仕事ができる。そういう精神性を、セイコーという企業とグランドセイコーから感じるのです」
パリやラスベガス、ニューヨークなどで活躍してきた須賀さんだからこそ、〝日本的である〞ことも大切な要素となっているのです。

グランドセイコー、常識にとらわれず挑戦する両者の邂逅。

「グランドセイコーらしい高品質さはそのままですが、ブラック&シャイニーなケースやダイヤルで遊び心を加えていますね」。セラミックベゼルには24時間表記を加えており、先端を赤くしたGMT針と組み合わせることで視認性もしっかり確保している。カッティングを施すことで面を輝かせる針とインデックスは、セイコースタイルに合わせた仕上げであり、伝統的な美しさを加える。

グランドセイコー、常識にとらわれず挑戦する両者の邂逅。

「ケースバックから精密な機械が見える様子は、まるでオープンキッチンのようですね。細部までていねいに仕上げていることがわかりますし、ここを見ただけでこの腕時計の品質の高さがわかります」。搭載しているムーブメントは、Cal.9R16。巻き上げたゼンマイがほどける際に発電した電気でクオーツ回路を動かし、正確な時刻を表示するスプリングドライブ式を採用している。

1 / 2p
Feature Product グランドセイコー、常識にとらわれず挑戦する両者の邂逅。

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。