【TRUME、時を刻むアナログの鼓動】Vol.1 針表現を追求した、ロマンの結晶。

写真:岡村昌宏(CROSSOVER/p1、p3) 文: ガンダーラ井上

アナログウォッチに先端技術を包み込み、エプソンが満を持して放つ新ブランド「TRUME」。7人の識者がその魅力に迫る連載シリーズの第一回は、腕時計ジャーナリスト・並木浩一さんが登場。

【TRUME、時を刻むアナログの鼓動】Vol.1 針表現を追求した、ロマンの結晶。

TRUMEのファーストモデルはGPSセンサー、気圧・高度センサー、方位センサーを搭載。アクセサリーのエクスパンデッドセンサーとの接続を可能にしながら、光発電だけで稼働します。TRUME TR-MB8001エクスパンデッドセンサー付きモデル。¥302,400

TRUME(トゥルーム)は、エプソンが立ち上げた新コンセプトウォッチのブランド。なぜエプソンが腕時計をつくるのかと疑問をもつかもしれませんが、そのルーツを辿れば、1942年に創業した時計部品の製造組み立て事業が起点となっています。そして現在にいたるまで、一貫して国産腕時計の開発製造を続けてきました。そのエプソンが、満を持して開発した自社ブランドとは、どのような腕時計なのでしょうか。腕時計ジャーナリストの並木浩一さんにファーストインプレッションを聞きました。