Feature Product 「語り継がれる未来」へ、挑戦し続けるブライトリング
PROMOTION

「語り継がれる未来」へ、挑戦し続けるブライトリング

昨年7月の新CEO就任以来、大きく舵を切ったブライトリング。「語り継がれる未来」というコンセプトのもと、彼らが進もうとしている道を読み解きます。

「語り継がれる未来」へ、挑戦し続けるブライトリング

自社ムーブメント採用の「ブライトリング ナビタイマー 8 B01」。1930年代のコクピットクロックを源とするデザインでパンダダイヤルも特徴。自動巻き、SS、ケース径43mm、COSC認定クロノメーター。¥896,400

ブライトリングの動向から、いま目が離せなくなっています。1884に創業したこの老舗ブランドは、機械式クロノグラフや航空業界(アビエーション)との深い関係で多くのファンにアピールしてきますた。しかし、昨年7月に就任した新 CEO、ジョージ・カーンの指揮のもと、その価値をさらに高めるべく、大胆な変革が図られているのです。

新ナビタイマーの衝撃と、 ブランドの新たな戦略。

新生ブライトリングは、まず1月の上海で披露されました。アジア各国のジャーナリストらを招いて華々しく発表されたのは、まったく新たなコレクション「ナビタイマー8(エイト)」。初期のパイロットウオッチから想起して、3針からワールドタイマーまで揃えるこのコレクションは、創業者の孫であるウィリー・ブライトリングが1938年に設立した航空時計の研究部門「エイト アビエーション」から名をとったものです。回転計算尺をもたない「ナビタイマー」の登場に、多くの来場者から戸惑いや驚きの声があがりましたが、しかしカーンCEOはその反応を当然予期していたようでもあります。

「語り継がれる未来」へ、挑戦し続けるブライトリング

上海のイベントで、新ロゴを背景に語りかけるジョージ・カーンCEO。高級時計業界での目覚ましい経歴をもち、昨年7月のブライトリングCEO就任は大きなニュースとなった。変革の成否は彼の手に委ねられている。

「ナビタイマーの歴史をひも解けば、回転計算尺のない、クロノグラフではないモデルも存在しました。我々は、これまで注目されなかった側面に光を当て、ラインアップを再定義し、新たなファンを開拓していきたいのです」と、その戦略的な意義を語りました。
「ロードショー」と銘打たれたイベントは、その後チューリッヒ、ニューヨークに上陸。3月末のバーゼルワールドでは、新モデル「ブライトリング ナビタイマー スーパー 8 」を発表。充実したコレクションを伴って、新生ブライトリングが世界に発信されました。

「ブライトリング魅力は“空”の分野で確立されていますが、それ以外ではまだそれほど知られてもいません。“空”のことは変わりなく尊重していきますが、陸や海でもブランドを表現していきたい」と語るカーンCEO。従来の男らしい時計だけでなく、都会的でエレガントな時計を共存させ、ブライトリングという世界を広げ、強固にしていく考えであるといいます。
「ブライトリングは、数ある中でも最も興味深い歴史をもったブランドです。CEOに就任し、その歴史を深く探索しました。そのリッチさ、深みというものを、世に伝えていくことが大切だと思います」
伝統に安住せず、新たな地平へと踏み出したブライトリングの勇気は、既に賞賛に値するものでしょう。老舗ブランドのチャレンジを、期待をもって見守りましょう。

「語り継がれる未来」へ、挑戦し続けるブライトリング

300名のゲストを集めた上海でのイベントの様子。中国や韓国の著名な映画俳優もゲストとして登場。新コレクションのお披露目の場を華やかに彩った。

「語り継がれる未来」へ、挑戦し続けるブライトリング

イベント会場では、ブライトリング社の貴重なアーカイブピースや新コレクションのインスピレーションソースとなった、60本のヴィンテージウォッチを展示。

「語り継がれる未来」へ、挑戦し続けるブライトリング

2月には英国の老舗「ノートン モーターサイクルズ」との提携を発表。新生ブライトリングの活動領域は「空」にとどまらない。

「語り継がれる未来」へ、挑戦し続けるブライトリング

「シネマチーム」の名で新たなパートナーシップも開始。筆頭は国際的な知名度をもつ俳優のブラッド・ピット。

「語り継がれる未来」へ、挑戦し続けるブライトリング

シネマチームはほかに写真のシャーリーズ・セロン、アダム・ドライバー、ダニエル・ウーの計4名の豪華メンバー。

●ブライトリング・ジャパン TEL:03-3436-0011 www.breitling.co.jp

Feature Product 「語り継がれる未来」へ、挑戦し続けるブライトリング

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。