Feature Food “焼肉史”を塗り替えた「よろにく」の桑原秀幸さんが驚く、「アサヒ スタイルフリー<生>」の味わいとは。
PROMOTION

“焼肉史”を塗り替えた「よろにく」の桑原秀幸さんが驚く、「アサヒ スタイルフリー<生>」の味わいとは。

写真:岡村昌宏(CROSSOVER) 文:高野智宏

4月3日、アサヒ スタイルフリーが「アサヒ スタイルフリー<生>」として新たに発売されました。そこで、新発売にちなんで革新性や発想の源泉などをテーマにクリエイターや料理人4名にインタビュー&試飲体験を実施。“焼肉史”を塗り替えた南青山の焼肉店「よろにく」オーナーの桑原秀幸さんに、新しいおいしさを生み出す秘訣を聞いてみました。

“焼肉史”を塗り替えた「よろにく」の桑原秀幸さんが驚く、「アサヒ スタイルフリー<生>」の味わいとは。

桑原秀幸●1969年、熊本県生まれ。趣味のレコード収集が転じて20歳でクラブDJに。多くの有名クラブで活躍した後の1996年、27歳で青山の骨董通りに「fai」をオープン。瞬く間に人気クラブとなる。2007年、一転して飲食業界へと参入し、同じく骨董通りに「よろにく」を開店。これまでにない味わいや斬新な提供スタイルで、いまもなお超人気店であり続ける。

新発売の「アサヒ スタイルフリー<生>」は、糖質ゼロ(※)はそのままに、麦の使用量をスタイルフリー史上最大量となる1.3倍もの増量に成功。より麦由来の味わいと確かな飲みごたえに生まれ変わりました。一方、南青山の焼肉店「よろにく」も、肉の部位で焼く温度を変えたり、白飯に肉を巻くスタイルを発案するなど、数々の斬新な提案で〝焼肉ルネサンス〟を起こしました。その革新性は、焼肉ファンの間で「焼肉史は、よろにく以前とよろにく以降に分かれる」とまで語られるほど。今回は、そんなカリスマ的な人気を誇る焼肉店「よろにく」オーナーの桑原秀幸さんに、いかにして新しいおいしさを生み出すのか、そのアイデアや発想の源泉について聞きました。


※栄養表示基準による

Feature Food “焼肉史”を塗り替えた「よろにく」の桑原秀幸さんが驚く、「アサヒ スタイルフリー<生>」の味わいとは。

次号予告

ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

やっぱり、アメトラでいこう。