Feature Food 確かな麦の風味を感じる「アサヒ スタイルフリー<生>」を、「てんぷら深町」の深町正男さんが体験。
PROMOTION

確かな麦の風味を感じる「アサヒ スタイルフリー<生>」を、「てんぷら深町」の深町正男さんが体験。

写真:岡村昌宏(CROSSOVER) 文:高野智宏

4月3日、アサヒ スタイルフリーが「アサヒ スタイルフリー<生>」として新たに発売されました。そこで、新発売にちなんで革新性や発想の源泉などをテーマに、クリエイターや料理人4名にインタビュー&試飲体験を実施。てんぷらの名店「てんぷら深町」のご主人・深町正男さんには、今回のリニューアルの要であり、料理でも最も重要な「素材」についてお話を伺いました。

確かな麦の風味を感じる「アサヒ スタイルフリー<生>」を、「てんぷら深町」の深町正男さんが体験。

深町正男●1949年、栃木県生まれ。高校卒業後、東京・御茶ノ水の「山の上ホテル」へ入社。天ぷらセクションで修行を重ね、和食の6代目料理長に就任。ホテルの代名詞であり名だたる文人たちが愛したてんぷらの味を、34年間にわたって守り続けた。2001年に独立し、東京は京橋に「てんぷら深町」を開店。いまも現役でその腕を振るう。

スタイルフリーといえば〝糖質ゼロ(※)〟がその魅力ですが、この度リニューアルした「アサヒ スタイルフリー<生>」は、糖質ゼロ(※)はそのままに、革新的な技術で麦の使用量を格段にアップ。スタイルフリー史上最大量となる1.3倍もの増量に成功し、麦由来のコクを感じる味わいと飲みごたえが飛躍的に向上しました。つまり、リニューアルの要は増量された「麦」という素材なのです。東京屈指の名店と名高い「てんぷら深町」のご主人、深町正男さんも、極上のてんぷらにはよい食材は欠かせないと言い切ります。そんな深町さんから、半世紀にわたり一貫して素材にこだわり続ける、確固たるポリシーについて語っていただきました。


※栄養表示基準による

Feature Food 確かな麦の風味を感じる「アサヒ スタイルフリー<生>」を、「てんぷら深町」の深町正男さんが体験。

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018