Feature Food この場所は東京という街の‟リビング”だ。建築家・隈研吾が「スターバックス リザーブ ロースタリー」に込めた思いとは。
PROMOTION by Starbucks Coffee

この場所は東京という街の‟リビング”だ。建築家・隈研吾が「スターバックス リザーブ ロースタリー」に込めた思いとは。

写真:齋藤誠一 文:山田泰巨

巨大な焙煎機を併設した「スターバックス リザーブ ロースタリー」。2019年2月28日に東京・中目黒にオープンした同店は、世界で5番目の店舗となる。建物の外観デザイン・設計を手がけたのは建築家の隈研吾さん。オープンから1年を経ったいま、建物に込めた思いを改めて聞いた。

この場所は東京という街の‟リビング”だ。建築家・隈研吾が「スターバックス リザーブ ロースタリー」に込めた思いとは。

2014年、スターバックスは新たな試みを始めた。それが店内に焙煎機をもつ新しいスタイルの店舗、スターバックス リザーブ ロースタリーだ。店内の中心に巨大な焙煎機を据え、次々とコーヒー豆が焙煎されていくさまは、子どものみならず大人でもワクワクするもの。バリスタがさまざまな方法で抽出するコーヒーやミクソロジーバーで提供されるカクテルなど、ここでしか味わえない特別なメニューばかりだ。提供されるまでの時間さえエンターテインメントに変えた、特別な空間と言えるだろう。

スターバックスのルーツであるシアトルで始まったこの試みは、上海、ミラノ、ニューヨークと続き、世界で5番目の店舗として2019年に東京にやってきた。内装設計はスターバックスのチーフデザインオフィサーであったリズ・ミューラー。そして、建築を隈研吾さんが手がけている。

1 / 4p
Feature Food この場所は東京という街の‟リビング”だ。建築家・隈研吾が「スターバックス リザーブ ロースタリー」に込めた思いとは。

次号予告

なぜ世界は、このブランドに憧れるのか?

オニツカタイガー 完全読本。