Feature Food 世界で評価される「キリン シングルグレーンウイスキー 富⼠」。その魅⼒と味わい⽅を徹底解剖!
PROMOTION

世界で評価される「キリン シングルグレーンウイスキー 富⼠」。その魅⼒と味わい⽅を徹底解剖!

写真:宇田川 淳 スタイリング:廣松真理子 文:岡野孝次 

主力の「一番搾り」や「本麒麟」で、日本のビール市場をも席巻するキリンだが、昨今ウイスキーでも国際的な評価を得ていることをご存じだろうか。とくに注目を集めるのが、海外でアワードに輝く「キリン シングルグレーンウイスキー 富⼠」だ。ブランドマネージャーを務める根岸修一さんに、その魅力を聞いた。

世界で評価される「キリン シングルグレーンウイスキー 富⼠」。その魅⼒と味わい⽅を徹底解剖!

「キリン シングルグレーンウイスキー 富⼠」は、トウモロコシ、ライ麦、小麦などの穀類を主原料としたグレーン原酒のみでつくられる。

キリンで最も有名な事業はビールの製造・販売だろう。1888年に発売された、聖獣・麒麟をラベルにした「キリンラガービール」は現在もロングセラーで、ビール類の販売シェアは業界トップを争う。それに比して、「キリン シングルグレーンウイスキー 富⼠」を製造する「富士御殿場蒸溜所」が操業したのは1973年で、「キリンビール」発売から85年後のことだった。そこから40数年の時を経た2016年、「富士御殿場蒸溜所シングルグレーンウイスキー25年スモールパッチ」が、イギリスの「ウイスキー・マガジン」主催の「ワールド・ウイスキー・アワード」で、ワールドベストグレーン賞に輝く。

「あの頃は、ちょうどジャパニーズウイスキーが注目されている時期でした。くわえてシングルモルトにはない、シングルグレーンのやわらかで香味豊かな飲み口が評価されたのだと思います」。受賞を振り返りながら、ブランドマネージャー・根岸修一さんは話す。ちなみに昨年も「キリン シングルグレーンウイスキー 富⼠」は、数々の国際コンペティションでアワードを獲得している※。

※「キリン シングルウイスキー 富士 30年」がインターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2020にてトロフィー、ワールドウイスキーアワード2020で「ワールド・ベスト・グレーンウイスキー」 (2016年、2017年、2019年に続き4度目)を受賞。「「キリン シングルウイスキー 富士」がインターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2020にてゴールド受賞。

1 / 4p
Feature Food 世界で評価される「キリン シングルグレーンウイスキー 富⼠」。その魅⼒と味わい⽅を徹底解剖!