Feature Fashion アディダスの最先端テクノロジー、ブーストがミッドソールに革命を起こす!
PROMOTION

アディダスの最先端テクノロジー、ブーストがミッドソールに革命を起こす!

写真:今井広一(1P)、ジャンニ・プレッシャ(2〜5P) 文:南井正弘(1P)、藪野淳(2〜5P)

2013年、ブーストが誕生したことにより、30年以上ほとんど変化のなかったミッドソール素材に変革が起こった。この素材がいかに偉大な存在であるかを検証する。

アディダスの最先端テクノロジー、ブーストがミッドソールに革命を起こす!

2019年下半期の新作はブーストに硬度をもたらした「パルスブースト HD」¥14,000(右/税別)と最新作の「ウルトラブースト 19」¥22,000(左/税別)。

現在のスポーツシューズのほとんどすべてにミッドソールというパーツが用いられている。足を包むアッパー(甲被)と地面に接するアウトソール(本底)の間に配された部材であり、着地時に体重の3倍程度の衝撃がかかるといわれるランニングシューズにおいて、とくに重要な存在である。

初期はゴムを発泡させたラバースポンジが使用されていたが、より軽量で衝撃吸収性に優れたEVA(エチレンビニルアセテート)が70年代に登場。上級モデルのみに採用されたが、80年代には最もポピュラーなミッドソール素材となり、のちに圧縮成型することで耐久性と衝撃吸収反発性を向上させたタイプも現れた。若干重量は重くなるが、優れた耐久性とクッション性を両立していたPU(ポリウレタン)とともに、スポーツシューズのミッドソールの定番素材となった。

各ブランドは、これらのマテリアルに独自開発したテクノロジーをプラスして機能性を競ったが、ミッドソールはあくまでEVAかPUであり、この点に関しては30年以上大きな変化はなかったのである。


ブーストフォームは、従来にない走行感を提供。

そんな状況を打破すべく2013年にアディダスが発表したのがブーストフォームだ。ランニングシューズの「エナジーブースト」に初搭載されたこの素材は、TPU(熱可塑性ポリウレタンエラストマー)を粒子(ペレット)状に一粒ずつ発泡させた状態のE-TPU内部に微細で均一な独立気泡を閉じ込め、小さなエネルギーカプセルが発泡、連結する構造が従来にない衝撃吸収反発性を発揮。500km走行後も劣化が少なく、長期で衝撃吸収と反発機能を両立することに成功した。

さらに気温による硬度変化も少なく、耐熱性・耐寒性があることも大きな特長だ。実際にブースト搭載シューズに足を入れてみると、そのフワフワと沈み込んだ後に力強く押し返す独特なクッション性で、どのシューズとも異なる唯一無二の感覚の履き心地に驚く。

着地の衝撃を効率よく反発力に変換することで、自然と足が前に出るような走行感をランナーに与えてくれる。

ブーストは70年代からほとんど変わることがなく、旧態依然だったスポーツシューズのミッドソールを変革。アディダスのみならず業界を代表するミッドソール素材として君臨するようになり、現在では使用量によりクッション性能を調節したり、軽量性を向上させた「ブーストライト」、走行安定性を重視すべく硬度をアップさせた「ブースト HD」も開発された。あらゆるタイプのアスリートに対応可能なラインアップを揃えている。

1 / 5p
Feature Fashion アディダスの最先端テクノロジー、ブーストがミッドソールに革命を起こす!