Feature Design 国産材の可能性を、デザインから考えるプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が開催中。
PROMOTION

国産材の可能性を、デザインから考えるプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が開催中。

写真:榊 水麗 文:宇治田エリ

日本の国産材の利用拡大のため、「木へのまなざし」をチェンジするプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が開催中だ。この一環として、日本の森林の課題と可能性を知り、国産材をよりクリエイティブに使うための可能性を探るオンライントークイベント「WOOD CHANGE Meetup」が2020年12月19日に渋谷FabCafe Tokyoで開催された。

国産材の可能性を、デザインから考えるプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が開催中。

イベントには(前列左から)林野庁林政部木材利用課長の長野麻子、建築家の永山祐子、同じく建築家でDDAA/DDAA LAB代表の元木大輔、(後列左から)飛騨の森でクマは踊る代表の岩岡孝太郎、武蔵野美術大学教授の若杉浩一、『広告』編集長の小野直紀、東京チェンソーズ代表の青木亮輔の7名が登壇した。

国土の約7割が森林、かつ多様な植生がある日本。その森林の多くは、戦後人の手によって植えられた人工林だ。人工林を健やかに保つためには、伐採して使用し、また植えて育てる……といった持続的なサイクルを保つことが必要なのだ。そして現在、その人工林が国産材としての本格的な利用時期を迎えている。2019年の日本の木材自給率は、37.8%(林野庁「令和元年(2019年)木材需給表」より)と上昇傾向にあるが、一方で持続可能な森林の状態をつくる上では、人材不足や採算性など多くの課題を抱えている。

そこでロフトワークが主体となり始まったプロジェクトが「WOOD CHANGE CHALLENGE(ウッド・チェンジ・チャレンジ)」。これまでにない国産材の使い方や仕組み、体験やコミュニケーションなど、木のイメージを変える新しいアイデアを募集する「WOOD CHANGE AWARD(ウッド・チェンジ・アワード)」も開催されている。

今回プロジェクトの一環としての開催された「WOOD CHANGE Meetup(ウッド・チェンジ・ミートアップ)」では、実際に林業や建築、教育などの現場で木を扱い、木への新たな取り組みをしている多彩なゲストが登壇。第1部では「国産材をめぐる経済と資源の循環」、第2部では「材料としての国産材が開く『プロダクト』の可能性」をテーマにトークが繰り広げられ、日本の森林の課題と国産材の可能性を知り、国産材利用のインスピレーションを得られる内容となった。

1 / 3p
Feature Design 国産材の可能性を、デザインから考えるプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が開催中。
Feature Design 国産材の可能性をデザインから考える、創出プロジェクト「WOOD CHANGE AWARD」に注目。
Feature Design 国産材の可能性をデザインから考える、創出プロジェクト「WOOD CHANGE AWARD」に注目。