Feature Culture 誕生50周年を迎えた名機、タグ・ホイヤー 「モナコ」をめぐる数奇な運命とは。

誕生50周年を迎えた名機、タグ・ホイヤー 「モナコ」をめぐる数奇な運命とは。

写真:齋藤暁経 文:笠木恵司

タグ・ホイヤー「モナコ」の誕生50周年を記念した、特別限定モデルが9月末に東京で発表された。多くの時計好きに愛されるモデルだが、それまでに数奇ともいえる歴史があったことをご存じだろうか。

誕生50周年を迎えた名機、タグ・ホイヤー 「モナコ」をめぐる数奇な運命とは。

「モナコ」誕生50周年を記念して、直営ブティック「エスパス タグ・ホイヤー表参道」で特別エキシビションが開催された。

タテ・ヨコともに39㎜のスクエアケースに、鮮やかなブルーダイヤルのクロノグラフ。1969年に登場したホイヤー「モナコ」は、現代の眼で見ても、アヴァンギャルドというほかないだろう。クロノグラフのプッシュボタンはケース右側にあるのに、リューズは左側というスタイルも独特。あまりにも斬新だったためか、同年3月にニューヨークとジュネーブで同時開催された発表会での反応は、冷ややかだったという。

【関連記事:スティーブ・マックイーンが愛した大人の定番、「ホイヤー モナコ」

しかしながら、角形防水ケースに自動巻きクロノグラフという2つの「世界初」を備えた本格派だけに、脚光を浴びるまでにそれほどの時間はかからなかった。ところが、79年に販売終了。ブランドがホイヤーからタグ・ホイヤーと名称を改めた後の98年に復活し、今年で誕生50周年を迎えたのである。

1 / 3p
Feature Culture 誕生50周年を迎えた名機、タグ・ホイヤー 「モナコ」をめぐる数奇な運命とは。
Feature Product カーデザイナー・和田 智がデザインした、イッセイ ミヤケ ウオッチの新作は、クラシカルな薫りが漂う洗練の腕時計。
PROMOTION

カーデザイナー・和田 智がデザインした、イッセイ ミヤケ ウオッチの新作は、クラシカルな薫りが漂う洗練の腕時計。

写真:宇田川 淳 文:並木浩一

ISSEY MIYAKEのブランドスピリットを、世界で活躍するプロダクトデザイナーたちが独自のデザインで表現するISSEY MIYAKEウオッチ・プロジェクト。第19弾「U(ユー)」は和田 智のデザインだ。腕時計を革新し続けるプロジェクトへ、3作目の参加だ。

カーデザイナー・和田 智がデザインした、イッセイ ミヤケ ウオッチの新作は、クラシカルな薫りが漂う洗練の腕時計。

「U」。クオーツ、ステンレス・スティール、ケース径41.1 mm、ホワイトダイヤル、ローマ数字&バーインデックス、 時・分・秒表示、カーブハードレックスガラス風防、ステンレス・スティール製ブレスレット、日常生活用強化防水( 5気圧防水)。¥44,000/ISSEY MIYAKE WATCH(セイコーウオッチ お客様相談室)

ISSEY MIYAKEウオッチ・ プロジェクトに、和田 智が登場。「U (ユー)」は、世界が認めるデザイナーのプロジェクト第3作目だ。
「アウディA5」をはじめ、自動車デザインで瞠目の活動を続けていた和田が、初めて腕時計を手がけたのは7年前のこと。2012年のバーゼルワールドでデビューした第1作「W(ダブリュ)」では腕時計の中に和の感性を忍ばせ、4年後には、より〝腕時計らしさ〞を追究する「Wオートマティック」が誕生。そして今回の「U」は、驚嘆と共感を引き出すデザイナーの、さらに深化した世界観が人々を魅了する。

1 / 2p
Feature Product カーデザイナー・和田 智がデザインした、イッセイ ミヤケ ウオッチの新作は、クラシカルな薫りが漂う洗練の腕時計。