Feature Culture 速水健朗の文化的東京案内。【深川篇②『男女7人夏物語』】

速水健朗の文化的東京案内。【深川篇②『男女7人夏物語』】

文:速水健朗 写真:柏田テツヲ 

2020年のオリンピックに向けスクラップ・アンド・ビルドを繰り返す東京を、ライターの速水健朗さんが案内。過去のドラマや映画、小説などを通して、埋もれた東京の歴史を掘り起こします。初回は深川エリア。アートシーンやサードウェーブコーヒーで盛り上がるこの地が、水辺を軸にどのような変遷をたどってきたのかひも解きます。この連載は毎月第1・第2・第3水曜、夜9時公開です。

速水健朗の文化的東京案内。【深川篇②『男女7人夏物語』】

速水健朗(はやみず・けんろう)●1973年、石川県生まれ。ライター、編集者。文学から映画、都市論、メディア論、ショッピングモール研究など幅広く論じる。著書に『東京どこに住む?』『フード左翼とフード右翼』などがある。

隅田川をセーヌ川に見立て、深川エリアに注目していたテレビドラマ『ロングバケーション』と、明治末期の芸術家たちの会合「パンの会」。

深川との接点をもつ意外な作品を挙げた速水さんが続いて向かったのは、隅田川の流れと、川沿いの遊歩道を気持ちよく望める清洲橋です。なんでも80年代のトレンディドラマの先駆けとなった作品が、この場所と深く関わっていたのだとか。バブル期の深川では、なにが起きていたのでしょうか。


前回【深川篇 ①『ロングバケーション』】はこちら

1 / 3p
Feature Culture 速水健朗の文化的東京案内。【深川篇②『男女7人夏物語』】