Feature Culture 速水健朗の文化的東京案内。【深川篇③『洲崎パラダイス 赤信号』】

速水健朗の文化的東京案内。【深川篇③『洲崎パラダイス 赤信号』】

文:速水健朗 写真:柏田テツヲ イラスト:黒木仁史

2020年のオリンピックに向けスクラップ・アンド・ビルドを繰り返す東京を、ライターの速水健朗さんが案内。過去のドラマや映画、小説などを通して、埋もれた東京の歴史を掘り起こします。初回は深川エリア。アートシーンやサードウェーブコーヒーで盛り上がるこの地が、水辺を軸にどのような変遷をたどってきたのかひも解きます。この連載は毎月第1・第2・第3水曜、夜9時公開です。

速水健朗の文化的東京案内。【深川篇③『洲崎パラダイス 赤信号』】

速水健朗(はやみず・けんろう)●1973年、石川県生まれ。ライター、編集者。文学から映画、都市論、メディア論、ショッピングモール研究など幅広く論じる。著書に『東京どこに住む?』『フード左翼とフード右翼』などがある。

80年代のドラマ『男女7人夏物語』とウォーターフロント開発についてを語り、さらに90年代の東京都現代美術館(都現美)開館当時の様子やブルーボトルコーヒー上陸とサードウェーブコーヒーのブームに触れた速水さん。深川のここ30年についてをひも解き案内してくれました。

今回の深川案内で最後に足を運んだのは、都現美の隣に位置する木場公園のさらに先、東陽町。飲食のチェーン店やマンションが立ち並ぶ、比較的静かなエリアです。そんな雰囲気からは想像もつきませんが、ここは戦後間もない頃まで歓楽街として栄えていたそうです。東陽町3丁目を歩きながら、50年代のこの辺りを映した名作映画について速水さんが話し始めました。


【深川篇 ①『ロングバケーション』】はこちら

【深川編②『男女7人夏物語』】はこちら

1 / 3p
Feature Culture 速水健朗の文化的東京案内。【深川篇③『洲崎パラダイス 赤信号』】

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。