Feature Culture 旅にもうひとつの楽しみをもたらす「センチュリオン・ラウンジ」ポップアップが、東京・表参道に登場。
PROMOTION

旅にもうひとつの楽しみをもたらす「センチュリオン・ラウンジ」ポップアップが、東京・表参道に登場。

写真:遠藤宏 文:Pen編集部

アメリカン・エキスプレスの限られたメンバーのみが入ることができる「センチュリオン・ラウンジ」。このスペシャルな空港ラウンジが、「東京離宮The Centurion Lounge Pop Up」と題して東京・表参道に期間限定で登場。日本の伝統と美しい秋のエッセンスを取り入れた洗練された空間を、徹底リポートする。

旅にもうひとつの楽しみをもたらす「センチュリオン・ラウンジ」ポップアップが、東京・表参道に登場。

ポップアップの外観。道路側の壁面に浮かび上がるのは、カードにあしらわれている古代ローマ軍の百人隊長(センチュリオン)。

表参道のケヤキ並木を登り、原宿駅からすぐの場所にあるガラス張りの建物。喧騒のど真ん中に、紅葉と日本文化、そして日本の秋を感じさせる軽食を楽しめる優雅な空間が誕生した。その名も「東京離宮The Centurion Lounge Pop Up」。アメリカン・エキスプレスが提供するオリジナルの空港ラウンジ「センチュリオン・ラウンジ」を、日本の会員にも体感してもらうポップアップである(11月20日~24日 入場条件あり)。

センチュリオン・ラウンジとは、プラチナ・カード会員とセンチュリオン・カード会員のみが入ることができる、アメリカン・エキスプレスが直営する特別な空港ラウンジ。アメリカにある8つの空港と香港の計9カ所に設置され、その土地の食材を使ったトップシェフの料理やワイン・カクテルを楽しんだり、街に合わせた設備を備えている。たとえばニューヨークのラガーディア空港にあるセンチュリオン・ラウンジ。この街きってのスターシェフ、ジャン・ジョルジュの息子であるセドリック・ヴォンゲリヒテンが料理をプロデュースし、多彩な人々が集まる街らしく「Green Chili Udon Noodle(青唐辛子うどん)」「Italian Burrata on Crostini(クロスティーニにのせたブッラータ)」といったメニューを提供する。ビジネスで訪れた会員向けには、ノイズをシャットアウトしたワークスペースを設けている。

あるいはフロリダ州のマイアミ国際空港。この街で生まれ、ラテン料理を得意とするミシェル・バーンスタインがメニュー考案を手がけ、「Braised Chicken Thighs(鶏モモ肉の蒸し煮)」は大人気のシグネチャーメニューとなっている。またリゾートへの玄関口であり、子連れ客も多いため、スパやキッズルームを備えている。世界的なワイン産地に近いサンフランシスコ国際空港では、ナパバレー産ワインを厳選して提供している。

旅にもうひとつの楽しみをもたらす「センチュリオン・ラウンジ」ポップアップが、東京・表参道に登場。

レセプションエリアも、秋をテーマにした設え。緑、黄、オレンジ、茶、赤、紫とグラデーションする葉と実で壁一面が覆われている。

1 / 2p
Feature Culture 旅にもうひとつの楽しみをもたらす「センチュリオン・ラウンジ」ポップアップが、東京・表参道に登場。