Feature Art 2020年の東京をアートで変える! 東京都とアーツカウンシル東京がいままでにないチャレンジを募集。かつてない企画公...
PROMOTION

2020年の東京をアートで変える! 東京都とアーツカウンシル東京がいままでにないチャレンジを募集。かつてない企画公募が目指すものとは。

写真:上野元行 文:猪飼尚司

2019年秋から20年秋まで、東京で開催する芸術文化事業を広く一般から募る『Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募』がスタートします。このかつてない試みを展開するのが、東京都とアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)です。20年の東京でアートが担う役割とは、企画公募が目指すものとは――。アーツカウンシル東京の機構長・三好勝則さんに話を伺いました。

2020年の東京をアートで変える! 東京都とアーツカウンシル東京がいままでにないチャレンジを募集。かつてない企画公募が目指すものとは。

昨年11月に開催された、デジタルアートと電子音楽の国際的な祭典『MUTEK』の助成もアーツカウンシル東京は行っている。©Shigeo Gomi, Ryu Kasai

1964年に東京で開催されたオリンピックは、都市の様相を大きく変えました。半世紀以上を経た2020年。再び東京にオリンピック・パラリンピックがやってきます。世界が注目するスポーツの祭典が繰り広げられる東京という都市に、世界中が注目し、多くの人々が集まります。それだけに、都市としての機能や特性が、改めて問われる機会となるでしょう。

また、あまり広く知られていませんが、実はオリンピックは「文化の祭典」でもあり、それはオリンピック憲章にも明記されています。この20年を軸に、“芸術振興”という枠組みから東京に大きな変革をもたらそうとしているのが、東京都とアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)です。これまでにも『六本木アートナイト』や『恵比寿映像祭』をはじめとした多くの芸術文化事業の主催や助成、支援はもちろん、人材の育成から国際的なネットワークづくりに至るまで、多岐にわたる活動を行ってきました。そんな東京都とアーツカウンシル東京が20年に向けて取り組む、最大規模の企画公募事業となるのが『Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募』です。

2020年の東京をアートで変える! 東京都とアーツカウンシル東京がいままでにないチャレンジを募集。かつてない企画公募が目指すものとは。

『Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募』の募集を伝えるポスター。ジャンルや経験は問わない代わりに、意気込みや独創性、チャレンジングな精神が求められる。

Feature Art 2020年の東京をアートで変える! 東京都とアーツカウンシル東京がいままでにないチャレンジを募集。かつてない企画公...

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。