Feature Art バロックの時代を彩った巨人ルーベンス、その足跡をアントワープでたどる。【後編】

バロックの時代を彩った巨人ルーベンス、その足跡をアントワープでたどる。【後編】

写真:井田純代 文:青野尚子

現在、国立西洋美術館で『ルーベンス展─バロックの誕生』展が開催されています。17世紀のアントワープを舞台に、数多くの作品を世に送り出したルーベンス。ゆかりの古都に遺された足跡をたどりながら、彼の偉業に迫ります。

バロックの時代を彩った巨人ルーベンス、その足跡をアントワープでたどる。【後編】

「ルーベンスの家」外観。成功した画家にふさわしく、かなりの豪邸です。

【前篇】で紹介した、教会に残るルーベンスの傑作を堪能したら、続いて彼の生活の跡をたどってみましょう。アントワープの中心地に今も残る「ルーベンスの家」は1610年にルーベンスが購入し、最初の妻、イザベラと住んだ住宅です。もとはフレミッシュ・ルネサンス様式だった家を、彼は7年もかけてイタリア風に改修・増築しました。

バロックの時代を彩った巨人ルーベンス、その足跡をアントワープでたどる。【後編】

「ルーベンスの家」内部。ルーベンスと同時代のタイルや家具、陶器などが並んで当時をしのばせます。

バロックの時代を彩った巨人ルーベンス、その足跡をアントワープでたどる。【後編】

ルーベンスが所有していたティツィアーノ作『母と娘』。モデルが誰なのか、何を現しているのかはわかっていません。一時期、娘の背に羽が描かれて天使として表現されていたこともありました。

この家がミュージアムとして公開されたのは、第二次世界大戦が終結した直後のこと。戦争で被災したため、多くの部分を補ったり再現したりしています。たとえば壁のタイルはルーベンスと同じ17世紀のものですが、もともとこの家にあったものではありません。またルーベンスは古典から彼の同時代のものまで絵画や彫刻、カメオ、コインなどを幅広く蒐集していたコレクターとして知られていますが、それらは彼の死後散逸してしまいました。現在「ルーベンスの家」を飾る絵画などの大半は現在の所有者から長期貸与されたものです。それでも彼の暮らしぶり、仕事ぶりを知ることができる重要な場所の一つです。

バロックの時代を彩った巨人ルーベンス、その足跡をアントワープでたどる。【後編】

ティントレット作『アレクサンドリアの聖カタリナに殉教を予告する天使』。さまざまな人の手を経て、この家にやってきました。

こちらの部屋はルーベンスが訪れる人にコレクションを見せるために作られたもの。ルーベンスのコレクションは当時すでに大きな評判となっており、それを見に来る人々がたくさんいました。この中で面白いのがティントレットの『アレクサンドリアの聖カタリナに殉教を予告する天使』という絵です。これはヴェネチアの教会の祭壇画で、1807年にその教会が取り壊されるまで内陣を飾っていました。ルーベンスの弟子だったアンソニー・ヴァン・ダイクがこの絵のスケッチを残しており、ルーベンスもヴェネチアに旅行した際にこれを見ていたと思われます。時が流れておよそ30年前、デヴィッド・ボウイがこの絵を購入したのです。さらに彼の没後開かれたオークションでベルギーのコレクターが入手、「ルーベンスの家」に長期貸与してくれることになりました。ボウイはルーベンスにも興味を持っており、生前ここを訪れたこともあるそうです。

バロックの時代を彩った巨人ルーベンス、その足跡をアントワープでたどる。【後編】

ドーム中央の丸い天窓から光が入るコレクションルーム。中央がセネカ像のレプリカ。

その奥にある半円形の部屋はコレクションをより美しく、ドラマチックに見せるために作られたもの。ルーベンスが16世紀末にイタリアに出かけたころ、イタリアではちょうど古代ローマ遺跡の発掘ブームが起きていました。この部屋の中央にあるのは古代ギリシャの哲学者、セネカのものですが、飾られているのはレプリカです。オリジナルはルーベンスが当時のイギリス国王、チャールズI世に売却しました。彼にはビジネスの才覚もあったのです。

バロックの時代を彩った巨人ルーベンス、その足跡をアントワープでたどる。【後編】

1階のアトリエ兼ビューイング・ルーム。奥のルーベンス作品『聖アンデレの殉教』は聖アンドリュース教会にある師の作品を超えたと言われる傑作。日本での「ルーベンス展」でも展示されます。

バロックの時代を彩った巨人ルーベンス、その足跡をアントワープでたどる。【後編】

アトリエの入口側を見たところ。絵のクライアントはバルコニーからアトリエを見下ろして、品定めしていたのでしょう

1階のアトリエは大作も描けるように天井の高いスペースです。アトリエの一部はバルコニーになっていて、そこからアトリエを一望できるようになっています。ここは絵を注文した人や、注文しようか考えている人のためのスペース。つまりこのアトリエはショールームでもあったのです。ルーベンスはここで顧客にどんな話をしていたのでしょうか。

バロックの時代を彩った巨人ルーベンス、その足跡をアントワープでたどる。【後編】

ルーベンスの自画像。ティツィアーノの自画像を引用したものです。

アトリエに展示されている自画像はルーベンスが敬愛していたティツィアーノ晩年の自画像に倣って描いたもの。たぶん、実際より2割増しぐらいでいい男に描かれているはずです。またこの自画像では絵筆やパレット、イーゼルなど画家を想像させるものは描かれていません。彼は単なる画家ではなく、一人の紳士として自らのイメージを描いたのです。この絵は1年間かけた修復の後、今年春から公開されています。

Feature Art バロックの時代を彩った巨人ルーベンス、その足跡をアントワープでたどる。【後編】

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018