Feature Art バロックの時代を彩った巨人ルーベンス、その足跡をアントワープでたどる。【前編】

バロックの時代を彩った巨人ルーベンス、その足跡をアントワープでたどる。【前編】

写真:井田純代 文:青野尚子

2018年10月16日から国立西洋美術館で『ルーベンス展─バロックの誕生』展が開催されます。17世紀のアントワープを舞台に、数多くの作品を世に送り出したルーベンス。ゆかりの古都に遺された足跡をたどりながら、彼の偉業に迫ります。

バロックの時代を彩った巨人ルーベンス、その足跡をアントワープでたどる。【前編】

『キリスト降架』。アントワープの中心、聖母大聖堂の祭壇を飾る、ルーベンスの代表作のひとつ。

数多くの作品を残した画家であり、4カ国語を操り外交官としても活躍したピーテル・パウル・ルーベンス。「王の画家であり、画家の王」とも呼ばれた彼は、当時の北ヨーロッパ画壇に君臨した、バロックを代表する画家の一人です。「バロック」とはルネサンスに続いて起きた絵画や彫刻のスタイルの一つですが、ポルトガル語で「歪んだ真珠」を現す「バロッコ」という言葉からきたもの。当初はあまりよい意味ではなく、「盛りすぎ」ぐらいのニュアンスでした。人体の筋肉や動き、明暗を強調したドラマチックな画面が特徴で、どちらかというと装飾過剰なところもバロックの典型的な傾向です。
2018年10月16日から、東京の国立西洋美術館で開催されているのが、『ルーベンス展──バロックの誕生』。その開催に先がけて、バロックの時代を拓いた巨匠ルーベンスの足跡を探しベルギーのアントワープを訪れました。


Feature Art バロックの時代を彩った巨人ルーベンス、その足跡をアントワープでたどる。【前編】

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018