美術史に輝く名画を徳島県鳴門で堪能する、アートを巡る大人の旅へようこそ!

写真:杉田裕一 文:牧野容子

徳島県鳴門にある大塚国際美術館は、西洋絵画の名作1000点以上を陶板で再現した世界に類を見ない「陶板名画美術館」です。すべての作品が原寸大で再現され、日本にいながらにして世界各国の至宝を体系的に、じっくりと味わうことができるのです。楽しみながら美術史を学ぶ、大人にふさわしいアートを巡る旅を紹介します。

美術史に輝く名画を徳島県鳴門で堪能する、アートを巡る大人の旅へようこそ!

ジョット・ディ・ボンドーネ『スクロヴェーニ礼拝堂壁画』1304~05年 フレスコ(壁画) 間口841×奥行2090×高さ1265cm イタリア パドヴァ スクロヴェーニ礼拝堂

連日多くの人々で賑わう、徳島県鳴門市にある大塚国際美術館。延べ床面積29412㎡という日本最大級の展示スペースに並ぶのは、西洋絵画の名作を陶板にした「陶板名画」です。陶板とは、陶製の大きな板に特殊な技術で原画を転写、焼成し、再現したもの。たとえば紀元前1世紀のポンペイの壁画や、ルネサンス期のミケランジェロ・ブオナローティによるシスティーナ礼拝堂の天井画、そしてレオナルド・ダ・ヴィンチ、フィンセント・ファン・ゴッホ、パブロ・ピカソをはじめとする名だたる巨匠たちの作品など、美術史に輝く名作1000点以上が一堂に集結しています。

驚くのはすべての作品が原寸大で再現され、しかも壁画や天井画などは、現地の空間をそのまま再現した「環境展示」になっていること。そのおかげで原画本来のスケール感や筆のタッチなどを、よりリアルに体感することができます。まさに日本にいながら世界各国の至宝をじっくりと味わい、楽しみながら西洋絵画の歴史を学ぶことができる、世界に類を見ない「陶板名画美術館」なのです。今回はその膨大な常設コレクションから、「世界遺産の旅」「ルネサンスの三大巨匠たち」というお薦めの鑑賞コースを中心に魅力を解説していきます。