Feature Art アーティスト小松美羽が描く、京都の苔と青もみじ。
PROMOTION

アーティスト小松美羽が描く、京都の苔と青もみじ。

文:藤村はるな 写真:蛭子真、榊水麗

夏の京都を訪れたことがありますか。苔や青もみじなど、紅葉の時期とは異なる美しい世界が広がります。そんな京都の緑を、アーティスト小松美羽が描き出します。

アーティスト小松美羽が描く、京都の苔と青もみじ。

常寂光寺が位置するのは、和歌の枕詞になるほど風光明媚な景観をもつ小倉山。歌人・藤原定家の山荘があった場所としても知られています。水源豊かな山肌という地の利と、住職2代にわたるていねいな管理により、約25000坪の境内には京都有数の美しい苔が生息。白みがかった白髪苔をはじめ、杉の樹のようなスギ苔や、ヒノキ苔など、多種多様な苔が集まる上、「苔が広がる竹林」などの珍しい光景も見られます。

もし理想郷があったら、こんな場所かもしれない。そう思わせるのが、嵯峨小倉山にある寺院・常寂光寺です。慶長元年(1596年)に歌人・日禛上人が開山。その名は浄土で最も美しい理想郷とされる「常寂光土」に由来します。戦時中に一度荒廃するも、豊かな自然を活かした寺にしたいと先代住職が一念発起し、苔の整備を開始。毎年初夏には、ビロウドの絨毯のような苔と透明感ある青もみじが調和する苔寺として、国内外から絶賛されています。

緑に包まれた常寂光寺で、6月27日にライブペインティングイベントを行うのが、強烈なタッチと神々しい世界観で知られるアーティストの小松美羽さん。その作品が大英博物館をはじめ多数の博物館に所蔵されるなど、世界的に期待されるアーティスト。そんな彼女もかつては己の感性を磨くため、京都の自然に触れていたといいます。

1 / 2p
Feature Art アーティスト小松美羽が描く、京都の苔と青もみじ。