JALのエコノミークラスで楽しめる、注目の料理人が手がけたサステイナブ...

JALのエコノミークラスで楽しめる、注目の料理人が手がけたサステイナブルな機内食。

JALのエコノミークラスで楽しめる、注目の料理人が手がけたサステイナブルな機内食。

バブル華やかりし頃、月に何度も飛行機に乗った。まだパリ行きの直行便さえ少なかった頃だから、長時間のフライトは快適とは言い難かったが、何よりも閉口したのは機内食だった。


「ビーフ・オア・チキン?」、お決まりのフレーズを聞く度になんだか憂鬱になることさえあった。特に外国の航空会社のものは大味なものが多く、成田で搭乗する前に、鮨をたらふく詰め込んだりした。


ヨーロッパからの帰り便では、アンカレッジでの乗り換え時間に必ずうどん屋さんに直行した。なぜか東北弁のお姉さんばかりが働いているうどん屋は、そんなにおいしくはなかったし、天ぷらの衣がホットケーキミックス使用なのか、妙に甘かった。しかし、それでも機内食の空虚感を埋めるには充分だった。


たまに国内の航空会社の便に乗る時には、ホッとした。

機内食がおいしいし、帰りの便では日本蕎麦が付いていたりする。クライアントたちはビジネスクラスでも、僕らスタッフはエコノミー。

その頃、ベジタリアン志向が選べる機内食の登場なんて想像もしなかった。

JALのエコノミークラスで楽しめる、注目の料理人が手がけたサステイナブルな機内食。

今回、「伊勢すえよし」の田中佑樹シェフが監修したベジタリアン向けの機内食は、若き料理人たちを発掘する「RED-35」とJALのコラボレーションで誕生した。


「RED-35」とは、RYORININ’s EMERGING DREAM U-35の略。

才能あふれる若き料理人たちを発掘するだけでなく、彼らが食のジャンルを超えてつながることで、料理の先にある何かを探していくプロジェクトだ。


日本中の豊かな産地とつながり、世界各地の多様な食文化とつながり、社会が抱える食にまつわる課題と向き合っていく。JALは、このプロジェクトの代表的なサポーターだ。

食の多様性と未来を機内食から考える、今回の「うまみそぼろのお花見弁当」は、そんな背景の中、生まれている。


色々な国や地域の人たちが搭乗する機内こそ、日本の食文化の多様性を世界に発信できる絶好の場所に違いない。そう考えた田中シェフは、日本のベジタリアン料理とも言うべき、伝統的な精進料理に着目。


古くから日本に伝わる精進料理の食材や調理法、思想など、日本の食の伝統を咀嚼し、現代の食や地球環境に配慮したサステイナブルな未来志向の和食を完成させた。


元来、精進料理をはじめとした日本の食文化は、海外から集るベジタリアンの方にも大好評。伝統的な日本における食の多様性を、国内のみならず海外の人々にも再認識してもらいたい。そして、もちろんおいしく食べてほしい。


今回の機内食は、そんな田中シェフの熱い思いに満ちている。

JALのエコノミークラスで楽しめる、注目の料理人が手がけたサステイナブルな機内食。

今回、「うまみそぼろのお花見弁当」に使われた食材は大豆ミート。伝統的な精進料理と、現代が生んだ新食材との出会いが豊潤なのに優しい、まったく新しい味覚を実現した。


添えられるサイドディッシュは、三重なばなの辛子和え、あおさ海苔厚焼き玉子、白身魚の桜蒸しと、どれも田中シェフの懐石料理店「伊勢すえよし」を思わせるものばかりだ。


料理人の父親の元、幼い時から料理に親しんだ田中シェフは料亭「菊乃井」で4年間修行した後、昆布と醤油を手に、世界15か国で料理修行。

帰国後は土地の食材、食文化を知るため、地元三重県の生産者を巡り交流を深める。


満を持して2015年に東京・西麻布に三重の食材をテーマにした懐石料理店「伊勢すえよし」を開店。世界行脚で得たワールドワイドな視点から、旅行口コミサイト tripadvisor®でも港区No.1に選ばれている。


いつも生産者、料理人、消費者がお互いを深く理解し合い、意義あるつながりを作る心の交流を深めること…。田中シェフのそんな思いに満ちた店は、いつも国境を越えた笑顔で包まれている。


事前の告知を必要とせず、機内の選択でベジタリアン向けのメニューが選べるという至福。しかも、その選択がエコノミークラスでも可能になった今回の「RED U-35~若き料理人たちによる機内食〜」。


JALのチャレンジは今後の機内食に大きな可能性を与えたと共に、より快適な旅の時間を運んでくれるはずだ。

JALのエコノミークラスで楽しめる、注目の料理人が手がけたサステイナブルな機内食。
JALのエコノミークラスで楽しめる、注目の料理人が手がけたサステイナブルな機内食。
JALのエコノミークラスで楽しめる、注目の料理人が手がけたサステイナブルな機内食。
JALのエコノミークラスで楽しめる、注目の料理人が手がけたサステイナブルな機内食。

◎懐石料理「伊勢すえよし」監修ベジタリアン向けメニュー

◎提供期間 :2020年3月1日(日)~5月31日(日)

◎対象クラス:プレミアムエコノミークラス/エコノミークラス

◎提供路線 東京(羽田、成田)発 ニューヨーク、ボストン、シカゴ、ダラス、ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンディエゴ、シアトル、バンクーバー、ロンドン、パリ、フランクフルト、ヘルシンキ、モスクワ、シドニー、メルボルン、シンガポール*1、 クアラルンプール、ジャカルタ、デリー、べンガル―ル、ハノイ、ホーチミンシティー、バンコク*2、マニラ 

関西発 ロサンゼルス行き 

*1 JL35便除く*2 JL33便除く 

※マニラ便は3/1~3/15、4/1~4/15, 5/1~5/15の各期間に提供

次号予告

なぜ世界は、このブランドに憧れるのか?

オニツカタイガー 完全読本。