軽さと掃除力を両立! コードレスの常識を覆す、Sharkの新たな掃除機が登場

  • 文:上村真徹

Share:

2018年に米国から日本の掃除機市場へ新規参入し、充電式ハンディクリーナーEVOPOWERシリーズでハンディクリーナーのトップシェアを握った“黒船”シャークニンジャ。同社が2020年に日本専用に開発したコードレススティッククリーナーシリーズの最新モデル「Shark EVOPOWER SYSTEM NEO/NEO+」が登場した。

shark_01.jpg
(左から)自動ゴミ収集ドック搭載モデル「Shark EVOPOWER SYSTEM NEO+」のLC301JBKとLC351JWH(FLEX機能付き)¥79,750、「Shark EVOPOWER SYSTEM NEO」のLC250JBR(FLEX機能付き)とLC200JIV(最軽量モデル)¥64,900

---fadeinPager---

同製品は、「EVOPOWER SYSTEM」シリーズが掲げる「掃除機の使い勝手を大きく改善し、お掃除を快適にする」というコンセプトをさらに追求し、従来モデルよりも最大25%の軽量化に成功。

さらにユーザーのニーズとして軽さとともに掃除性能が高いことにも着目し、独自のヘッドとセンシング技術を組み合わせることによって、1.5Kg以下のコードレス掃除機の中で最も優れた掃除性能を実現した。

パワーフィンとソフトローラーを組み合わせたShark独自のヘッド「ハイブリッドパワークリーン」が床に常に密着し、大きなゴミから細かいほこりまであらゆるゴミをしっかり取り除く。また、iQセンサーとフロアセンサーを組み合わせた「Smart iQテクノロジー」でゴミの量に応じて掃除モードを自動調整し、効率的な掃除も可能にした。

さらに、自動ゴミ収集ドック搭載モデルや、Sharkのシグネチャーであるパイプが曲がるFLEX機能付きといったバリエーションが用意されているほか、ワンタッチで簡単にモードを切り替えられるなど使い勝手の良さも大きなポイントだ。

これまでの軽量掃除機は、その掃除性能を犠牲にしてきた。だが、高い掃除性能に加えて、使い勝手も優れたコードレス掃除機がSharkより誕生した。全国の家電量販店、インターネットショップ、Shark公式オンラインストアなどで発売中。

2309_PEN_Sharkninja_02.jpg
パワーフィンとソフトローラーを組み合わせた「ハイブリッドパワークリーン」が、床に密着して1度に多くのゴミを吸引。長い髪の毛やペットの毛が絡みにくいのも特長だ。
2309_PEN_Sharkninja_04.jpg
吸引するゴミの量に応じてハンディ上部の「iQリング」の色が3色に変化。ブラシの回転速度はフローリングやカーペットなど床材に合わせて自動調整する。
11.jpg
充電しながらゴミを収集してくれる自動ゴミ収集ドック。ダストボックスはワンタッチで簡単に取り外し可能な上、水洗いも可能だ。
2309_PEN_Sharkninja_03.jpg
ボタンを押すだけでパイプが曲がり、かがまず立ったままの姿勢で家具の下を奥まで掃除できる。

シャークニンジャ

公式HP:https://www.shark.co.jp/
公式オンラインストア:https://direct.shark.co.jp/