バイキングの時代から最新作まで、デンマーク建築をおさらいできる展示

  • 文:冨田千恵子

Share:

COPENHAGEN コペンハーゲン/デンマーク

5-Grundtvigskirke Kirill, Unsplash.jpg
「表現主義建築」のグロントヴィークス教会(1940年)。展示では大きなパネル写真で臨場感を伝えている。 © Kirill, Unsplash

ヤコブセンやフィン・ユールなど、デンマークといえばインテリアのイメージが先行するが、建築においても名作が数多く残されている。このたびコペンハーゲンの「デンマーク建築センター」で、この国の建築やデザインの歴史を概観できる常設展「ソー・デーニッシュ(So Danish)!」がスタートした。

展示内容は、バイキング時代から、機能主義などのクラシックを経て、最新のサステイナブルな建築までを写真や動画、模型などで解説。壁に穴が開けられていたり、カラフルなパーティションで仕切っていたりと、展示方法にも遊び心があふれている。建築好きはぜひ足を運んでほしい内容だ。

6-So_Danish_Photo_Rasmus_Hjortshoj_Courtesy_of_Danish_Architecture_Center_web (83).jpg
建物、ランドスケープなど、近年の多岐にわたるプロジェクト写真をコラージュしたコーナー。レゴを使った模型なども面白い。 © Rasmus Hjortshøj, Courtesy of Danish Architecture Center

 【関連記事】

5-Dining room - vegetable season 3月.jpg

COPENHAGEN コペンハーゲン/デンマーク

新北欧料理を世界に知らしめたnomaが、人気絶頂の最中にまさかの閉店へ!

---fadeinPager---

4-Unknown-4 12月.jpg

COPENHAGEN コペンハーゲン/デンマーク

W杯でデンマーク代表がユニフォームに込めた、知られざるメッセージ

---fadeinPager---

3-Foto - TV 2 11月.jpg

COPENHAGEN コペンハーゲン/デンマーク

デンマークの恋愛リアリティショーは、「農業従事者」のみ参加可能?

※この記事はPen 2023年7月号より再編集した記事です。