ソウル発の新鋭フレグランスブランド「ボーン トゥ スタンド アウト」が日本上陸! コンセプトは“欲望”の開放

  • 文:白石菜美

Share:

 STORE_4K_7.jpgソウル発のフレグランスブランド「ボーン トゥ スタンド アウト(BORNTOSTANDOUT)」が日本上陸。

「韓国らしさ」と「韓国的でないもの」の価値をかけ合わせた、新進気鋭のフレグランスブランド「ボーン トゥ スタンド アウト(BORNTOSTANDOUT)」が、7月21日より日本で販売を開始する。

社会の常識によって抑圧された「欲望」を開放するという挑発的なコンセプトのもと、日本の文化や感覚に共通する儒教を基盤とした韓国の思想に反し、「欲望」に焦点を当てたフレグランスだ。

固定観念の中で無意識に生きがちだが、そこに安心を感じているのではないか? ジェンダーレスな未来を信じて社会の常識に反抗する同ブランドは、個を確立するべきこの時代において、香りを纏う人が心と身体に充実感を得ながら、より自由に幸福感や生きている実感を促していくことを目指す。

---fadeinPager---

c87a1dc6bf122ece1277d88b650f3edde837e13e.jpg
ボトルは、伝統的な朝鮮白磁を再解釈したデザイン。ピュアなイメージで、「欲望」を浮き彫りにする

フランク・フォルクルやダフネ・ブジェそしてグルマンノートの先駆者であるオリヴィエ・クレスプなど錚々たる調香師たちの優れた感性で、トップからベースまで美しく構成。あらゆる人がニュートラルに香りを纏えるように仕立てられている。

RB_DR.jpg
「DIRTY RICE」50ml ¥26,400 。「米」という韓国的な素材にエスプリを効かせ、官能的に表現。肌に馴染み、軽やかながらも一日中肌に残るのが特徴だ。

ブランドのクリエイティブは過激なものも多いが、2020年にソウルで創業して以来、ヨーロッパでも話題に。日本では、リステア、ビームス 六本木ヒルズ、シボネなどで展開する。

ソウル・梨泰院にある独特な世界観の旗艦店にも、ぜひ訪れてみてほしい。

問い合わせ先/W Inc. TEL:03-6416-5219
https://borntostandout.com

関連記事