リモワが125周年を記念し、史上最大規模のエキシビションを原宿で開催! 世界中のセレブリティ所有ケースなどを展示

  • 文:白石菜美

Share:

 230420_POSTERS-S_LEFT-1.jpgリモワの125年にわたる軌跡を辿る、アニバーサリー展「SEIT 1898」が日本からスタート。

今年、ブランド誕生125周年を迎えたリモワを祝い、日本からスタートするアニバーサリー展「SEIT 1898」が開催中だ。
世界中で旅することが制限された時期を経て、再度、新たな目的地を目指すことが可能な時代が訪れた。そのタイミングで開催される「SEIT 1898」は、これからの旅へと思いをはせながらリモワの125年にわたる軌跡を辿る。

1898年の創業以来、旅の先駆者として旅をする人たちのためにスペシャルなアイテムを作りつづけてきたリモワ。「SEIT 1898」では、ブランドの文化的、技術的な発展を貴重なアイテムの数々とともに振り返る。
125年間、移動や交通手段は絶えず変化を繰り返し、その変化とともに、リモワも進化を遂げてきた。アルミニウムやポリカーボネート等、革新的な新しい素材の採用、かつての飛行機からインスピレーションを受けたグルーヴ(溝)デザインなど時代とともに進化してきたクラフツマンシップは、現在のリモワの象徴である。今回のアニバーサリー展ではリモワが大切にしているアーカイブを通して、その進化を見ることができる。

---fadeinPager---

パーソナルアイテム_PattiSmith.jpg
パーソナルアイテム_PattiSmith 

パーソナルアイテムTakashiMurakami.jpgパーソナルアイテム Takashi MURAKAMI COPYRIGHTS Takashi Murakami Kaikai Kiki Co Ltd All Rights Reserve d

パーソナルアイテム_DrWoo.jpgパーソナルアイテム_DrWoo

 数々の世界的ブランドとのアーティスティックなコラボレーション、滅多に見ることができない世界中のセレブリティ所有ケース、ブランドのマイルストーンとなるような革新的なアイテム。すべてのアイテムがこのアニバーサリー展のためだけにデザインされた個性的なジオラマによって展示され、19世紀、20世紀、21世紀の3世紀に渡るブランドの進化を辿ることができる。

「旅」や「移動」がわたしたちの人生にもたらす意味とは?なぜ人は旅に出るのか??また旅に出ることが可能となった今、ブランドの歴史を通して見る人それぞれに「旅」の意味を問いかける。
リモワの歴史と革新性に富んだ製品づくりの軌跡を、世界に先駆けて東京でスタートする「SEIT 1898」でぜひ楽しんでもらいたい。

「SEIT 1898」


開催期間:2023年6月9日(金)〜2023年6月18日(日)
時間:11時〜19時(最終入場18時)
開催場所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-35-6ヨドバシJ6ビル(旧ジング)
入場料:無料
公式サイト:www.rimowaseit1898.com
来場予約:混雑時はご予約のお客様を優先的にご案内いたします。
上記サイト内に予約フォーム(6/1開設予定)よりご予約頂くことをおすすめします。
お問い合わせ先:リモワ クライアントサービス 03-4571-1319

「SEIT 1898」特設ページ:https://www.rimowa.com/jp/ja/stories/rimowa-seit-1898.html

関連記事