韓国を代表する工芸家、パク・ホングの日本初個展がGALLERY ESCAPERSで開催

  • 文:佐々木冬花

Share:

韓国を代表する工芸家、パク・ホングの日本初個展がGALLERY ESCAPERSで6月11日(日)まで開催中だ。

パク・ホングは、ソウルから車で2時間ほどの京畿道利川市を拠点に活動し、30年以上家具やオブジェを制作。若い頃から韓国の伝統的な家具を作り続けていたが、子どもの成長とともに、より純粋に芸術的な作品の制作を始めた。

2011年から現在に至るまで、ミラノトリエンナーレなど国内外で数多くの展覧会に参加し、作品はヴィクトリア&アルバート博物館、ロエベ財団などに所蔵されている。

23.4.6escapers13205.jpg

伝統的な木工技術と現代的な木工技術を融合させ、独自に生み出した炭化技法で表面に美しい文様を描く彼ならではの作品は、生きた木の息吹と作家の感情と調和して生きている。

パクは「思考は常に進化しているので、私は常に感覚を研ぎ澄まし、すぐに制作に取り掛かれるように心がけています。 30年来クラフトとデザインに没頭してきた結果、それが私の人生となりました。 人生そのものが工芸品なのではないかと思うこともあります。 新しい工芸は継続しなければ生まれない。 その意味で、私にとっての工芸とは、後世のための礎を築くことなのです」と語る。

彼の人生におけるさまざまな感情を表現した作品を、ぜひこの機会に鑑賞してほしい。

23.4.6escapers13234.jpg

『Park Honggu 展  ーEMOTIONー』

会期:2023年5月26日(金)〜6月11日(日)
会場:GALLERY ESCAPERS
東京都渋谷区神宮前5-3-3
時間:13時〜17時(金)、11時〜18時(土日祝)
休廊:月〜木
TEL:080-4009-2002
Instagram:@gallery_escapers

関連記事