完璧なビジュアルが話題の実写版『バービー』 予告編がまさかの“あの映画”の傑作パロディで早くも大ヒットの予感

  • 文:千歳香奈子

Share:

公開された予告編。

世界一有名なファッションドール「バービー」をマーゴット・ロビー主演で実写化した映画『バービー』。完璧に再現された世界観と完成度の高さで公開前から注目を集めているが、このほど公開された予告編が、良い意味で期待を裏切る内容で話題となっている。

---fadeinPager---

完璧なビジュアルを再現も、バービー姿は「恥ずかしかった」

バービーを演じるのは、DC映画のキャラクター「ハーレイ・クイン」のぶっとんだキャラクターが当たり役の一つになっているマーゴット。対する相手役のケンに抜擢されたのは、映画『ラ・ラ・ランド』(2016年)や『きみに読む物語』(2004年)などで知られるライアン・ゴズリングだ。

水玉プリントのヘッドバンドにホルターネックトップスでピンクのオープンカーに乗って微笑むバービーと、完璧なスマイルで日焼けした素肌の上にデニムのベストを羽織って腹筋をのぞかせるケンのビジュアルが今夏に公開されるや否や、その完璧さが大きな話題となった。

2人は他にもネオンカラーのアスレチックウェアでローラーブレードを履く姿などファッションドールの世界を完璧に再現したド派手な衣装を着こなす様子がパパラッチされており、撮影が始まった今年3月以降、個性的なファッションで撮影に臨む姿がネットを賑わせていた。

しかし、派手な衣装に身を包んだ姿がパパラッチされ、拡散されたことはマーゴットにとって「人生で最も屈辱的な体験」だったといい、出演したトーク番組で「どれだけ恥ずかしい思いをしていたのか、言葉では言い表せない」と語っている。

---fadeinPager---

想像とは違った? でも最高!予告編がファンの心をわしづかみ

1959年の発売開始以来、世界中の子どもたちに愛されてきたバービーを再現した完璧なビジュアルが好評を得る中、公開された映像はピンクの世界とは真逆の暗い色調の砂漠。「人類が誕生した時から、小さな女の子が生まれて以来、いつも人形があった。しかし人形はいつも赤ちゃんだった。この時までは…」。そんなナレーションと共に少女たちが赤ちゃんの人形で遊ぶシーンから始まる。するとそこに、人形が発売された時と同じストライプの水着にサングラス姿の巨大なバービーが出現。少女たちは一斉に時代遅れの人形を破壊し始め、画面は蛍光ピンクに彩られたファッションドールの世界へと移り変わる。予告編ではもちろん、ケンの姿も確認できる。

バービーの世界観を期待していたファンをいとも簡単に裏切った予告編は、まさかの1968年に公開されたスタンリー・キューブリック監督の不朽の名作『2001年宇宙の旅』のパロディだった。単なるバービーの実写映画ではないことが明らかになり、戸惑うファンも多いと思いきや、意外にも「今年観たどの長編映画よりも最高の出来栄え」「公開が待ちきれない」とネットは大興奮の嵐となった。

---fadeinPager---

「想像を裏切りたい」マーゴットが明かすバービー像

「バービーと聞くと、『どんな映画になるのか予想がつく』と人々はいうかもしれないけど、皆さんが想像しているのがどんなものであれ、それとはまったく違うものを提供すること。こんなものが見たかったと気づくような作品を作ること」。マーゴットは過去のインタビューでこう語っている。

どんな作品になるのか予想もつかない分、期待度がさらに高まっているこの作品は、2023年7月21日に全米公開の予定だ。

関連記事

---fadeinPager---

【動画・画像】完璧なビジュアルが話題の実写版『バービー』 予告編がまさかの”あの映画”の傑作パロディで早くも大ヒットの予感

公開された予告編。

---fadeinPager---

完璧なビジュアルを再現も、バービー姿は「恥ずかしかった」

---fadeinPager---


ライアン・ゴズリング演じるケン。

---fadeinPager---

630a9a610380905e051efaddd57913cc34ffa81d-thumb-720xauto-520405.jpg
The Tonight Show Starring Jimmy Fallon/YouTube

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---