中東の美と遺産が一堂に会す、イスラム美術館がリニューアル

  • 文:鷹鳥屋 明

Share:

DOHA ドーハ/カタール

2-2. MIA.jpg
プリツカー賞を1983年に受賞したアメリカの建築家、I.M.ペイが設計を手がけた意匠にも注目したい。

2022年FIFAワールドカップ開催に沸くカタール。その首都ドーハで、このたびイスラム美術館(Museum of Islamic Art)、通称MIAがリニューアルオープンを果たした。

常設展示室では、イスラム芸術の品々だけでなく湾岸アラブ世界や中央アジアの文物1000点以上が展示され、世界各国から蒐集されたコーランも充実している。珍しいイスラム世界の武器と武具の展示も見ものだ。企画展としては、『Baghdad: Eye’s Delight』(~2023年2月25日)が開催され、現在のバグダッドを中心に栄華を誇ったアッバース朝(750~1258年)の貴重な遺産から、近年におけるバグダッドの美術品を見ることができる。

3-1. MIA.jpg
ドーハ屈指の観光スポットとして知られるコーニッシュの湾岸に浮かぶ埋め立て人工島に建てられており、陸側から望む姿も美しい。

---fadeinPager---

【関連記事】

1-Unknown 12月.jpg

LOS ANGELS ロサンゼルス/アメリカ

ありそうでなかったアイデアで爆売れ!「恥ずかしくない」ミネラルウォーター

---fadeinPager---

5-977A2921 12月.jpg

NEW YORK ニューヨーク/アメリカ

マンハッタンの中心部で人気!シンガポールの本格屋台街が熱い

---fadeinPager---

3-JamesDysonAward_2022_UK_Dotplot_01 12月.jpg

LONDON ロンドン/イギリス

若手のデザインエンジニアが挑む、ダイソンのアワード作品は驚きの仕上がり!

※この記事はPen 2023年1月号より再編集した記事です。