カジュアルに品を添える、スエードブルゾン3選

  • 写真:加藤佳男
  • スタイリング:飯垣祥大

Share:

カジュアルな印象のスエードブルゾンも、レザーの色みや裏地の柄で品よく見せることもできる。気負わず羽織れて場所を選ばない優れものだ。

1. POLO RALPH LAUREN

01_1I0A2217.jpg
¥163,900/ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン TEL:0120-3274-20)

ラルフ ローレンのアーカイブから見つけたジャケットをベースに、ヤギ革のスエード素材を用いた一着。渋めのブラウンカラーやヴィンテージ加工など、ラギッドな印象を醸す。内側含め計4カ所にポケットが配されており、使い勝手も充実。

2. HERILL

02_1I0A2223.jpg
¥198,000/ヘリル(にしのや TEL:03-6434-0983)

ピンクの色みが新鮮なスエードブルゾン。裏地はシボの入ったシカの表革を採用した、細部まで抜かりのないつくり。革質を活かしたゆったりした身幅やアームで、立体感あふれるシルエットに仕上げられている。リジッドデニムなどできれいに合わせたい。

3. BARACUTA × HEUGN

03_1I0A2212.jpg
¥154,000/バラクータ × ユーゲン(ユナイテッドアローズ 原宿本店 TEL:03-3479-8180)

バラクータの「G3」をベースにした特別モデル。肩のラグランラインを高めに設定し、色気のあるフォルムに。スエードは、英国の老舗らしい上品なグレーカラー。チラリとのぞく裏地のチェック柄も効いている。

関連記事

※この記事はPen 2022年12月号より再編集した記事です。