色みで遊べば軽快に、 洒脱派のセルフレーム4選

  • 写真:加藤佳男
  • スタイリング:飯垣祥大

Share:

TKS-01_実_IMG_9225_調整済み.jpg

アイウエアの定番、セルフレームは色みにこだわることで他とは違う印象に。クリアベージュやニュアンス感じさせるダークブラウンなどで洒落感上がる。

夏らしいクリアセルを、知的な印象に昇華

01_1I0A7704納品 済.jpg

エレガンスあふれる、パリ発のピーター&メイ。スクエアシェイプだが、フロントリムの外側から内側に向かって厚みを削って奥行きを見せ、フレームもレンズも半透明なベージュにすることでやわらかな印象に。夏にぴったりのスケルトンフレームも、こんなデザインなら知的だ。¥46,200/ピーター アンド メイ(ブリンク ベース TEL:03-3401-2835)

ダークブラウンのフレームで、品よく軽やか

04_1I0A7725納品 済.jpg

荒岡眼鏡が創業77年を迎えた記念にリリースしたモデル。プロダクトデザイナーの二俣公一が手がけ、土に還るバイオプラスチックを素材に採用した。フレームは一見ブラックのようだが実はダークブラウンで、品よく軽やかな雰囲気を醸す。ブロウラインを強調する太めに設計されたリム上部も特徴的。¥42,900/エルダー_アラオカガンキョウ(ブリンク ベース)

華やかな鼈甲柄に宿る、自然環境への配慮

03_1I0A7723納品 済.jpg

その効果が国際的にも実証された、生分解性プラスチックのバイオアセテートを採用した、現代的な一本。バイオアセテートの原料となる木の色みを活かした鼈甲柄に、薄いブラウンのレンズは相性抜群。サステイナブルなつくりながらも、華やかなデザインが目を引く。¥29,700/ウェイティングフォーザサン(リーンスプリング TEL:03-6337-5253)

深いブルーとグリーンが混じる、洒脱なカラー

02_1I0A7711納品 済.jpg

アイウエア専門店「コンティニュエ」のオリジナルブランド、アーチ・オプティカル。フレームは深いブルーとグリーンの混じった洒落たカラー。この数年で人気型となったクラウンパントをベースにしつつ、リム下部の丸みを抑え、ややスクエアにしたことで目元に個性的な表情が生まれる。¥41,800/アーチ・オプティカル(コンティニュエ TEL:03-3792-8978)

関連記事

※この記事はPen 2022年9月号より再編集した記事です。